日刊早坂ノボル新聞

日々のよしなしごとを記しています。

◎コレクション道あれこれ マッチのラベル(2)

f:id:seiichiconan:20200306001212j:plain
f:id:seiichiconan:20200306001200j:plain
f:id:seiichiconan:20200306001145j:plain
f:id:seiichiconan:20200306001124j:plain
f:id:seiichiconan:20200306001106j:plain
f:id:seiichiconan:20200306001047j:plain
様々なマッチのラベル(一例)

◎コレクション道あれこれ マッチのラベル(2)

 ある人のコレクションを買い取った話を書いたが、後に系統的に整理しようとした。

 しかし、あまりにも枚数が多いので、途中で放棄したままだ。

 だが、イライラした時などは、こういうのを眺めていると、気が慰む。

 例えば、代表的なジャンルはこんな具合だ。

 

1)赤絵 

 昔から作られており、「いかにも古そう」だが、数が多いし、最近も作られている。

 マッチと言えばこういう意匠だ。

 

2)芸能・スポーツ

 映画や興行の宣伝用に配布したもの。こういうのは時代色が出て楽しい。「エノケン」「ロッパ」と言えば昭和30年代(たぶん)。

 ピストン堀口の試合の宣伝マッチなんかは、マニアが喜ぶ類のものだ。

 

3)東海道五十三次

 お茶漬けのカードとして使われていたりしたから、図案としても馴染みがあるのだが、やはりマッチにも使われていた。

 45種はあると思うが、ここまで来ると全部揃えたくなる。

 肝心の「神奈川」が欠番だ。

 

4)美人画

 これも定番だ。昭和50年代までこの手のマッチは沢山あったと思う。

 

5)百人一首

 短歌が書かれたもの。これも種類があるから、作りやすかったのだろう。

 

6)店の宣伝

 やはりマッチを広告媒体として使うのが本流だ。

 来店客にサービスで配り、思い出してもらうためのものになる。マッチ全体の7割以上がこれだと思う。

 「熱海 玉乃井旅館」とかは、ぱっと海岸の景色が浮かんで来るほどいい味だ。

 

 ここにラベルが350枚くらいずつ入ったブックが6冊あるから、およそ2千数百枚くらいありそう。残りは溶けたか、紛失したか。