日刊早坂ノボル新聞

日々のよしなしごとを記しています。

◎古貨幣迷宮事件簿  江戸の絵銭 「金山側臥(そくが)駒」

f:id:seiichiconan:20200419132002j:plain
f:id:seiichiconan:20200419131949j:plain
f:id:seiichiconan:20200419131932j:plain
金山側臥駒

◎江戸の絵銭 「金山側臥(そくが)駒」

 銭譜には未記載のようなので、名称は仮称である。

 現在、市中にある絵銭の大半は明治以降の品だ。とりわけ明治後期から大正三、四年の間の時期には、数多くの絵銭が作られたらしい。

 江戸の銭譜に様々な絵銭が掲載されているが、そのほとんどが消息不明である。おそらくは収集家の蔵中に眠ったままなのだろう。

 今では、新作の品も次々に登場するから、古い絵銭を探すのは、なかなか難しい。

 何時、誰の手になる品かを知る手立てがほとんど無く、地金の質くらいしか手掛かりは無いので困難を極める。

 

 そういう状況の下、故K村さんは、非常に多くの絵銭を収集されていた。

 コツコツと各地を回り、足で集めていたのだ。

 この品は、K村氏の遺愛品入札会で入手したものだが、地金の練りといい、何とも言えぬ味がある。

 だが、ある意味で難しい品だ。図案のどれがメインなのかが分からない。

 片側が駒と馬子、もう片側が丈夫に砂金袋と株に冠をした人物の配置になる。

 

 まずは配置から。

 砂金袋の下の人物を基準とすると、表は右駒(向かって左に駒)になる。ところが、駒の左(向かって右)に馬子を置くと、これが極めて珍しい図案で、寝そべった姿だから、馬子が逆さまになってしまう。

 ここで元に戻り、人物に着目すると、この人は冠を被り、刀を持っているようだ。

 となると、これは「金山方役人」を示している。

 それなら、やはりこれを正置することになる。

 しかし、それでは表はどちらなのか?

 そこは「国の宝」は、「役人」ではなく「駒」の方で、駒は生産手段でもあり、信仰の対象だから、表は駒引きの方になるだろう。

 砂金袋は「豊かさ」の象徴で、馬子が満ち足りているから、このように寝そべっているわけだ。

 何とも味のある絵銭である。

 こういうのは、出来るだけ「神棚に上げて置く」のが筋だろうと思う。