日刊早坂ノボル新聞

日々のよしなしごとを記しています。

◎危機はすぐそこに来ている

f:id:seiichiconan:20210205144938j:plain
f:id:seiichiconan:20210205144925j:plain
f:id:seiichiconan:20210205144907j:plain
f:id:seiichiconan:20210205144855j:plain
f:id:seiichiconan:20210205144843j:plain
f:id:seiichiconan:20210205144830j:plain
令和二年十一月二十三日撮影

◎危機はすぐそこに来ている

 冒頭に掲示するのは、昨年の十一月にたまたま撮影した画像だ。改めて開いて見ると、前回から変化が生じていた。 

 単純に「見落としていた」り、あるいは「時間の経過と共に変化した」ためで、後者の可能性の方が高い。

 かたちはほとんど同じでも「情念」の程度に変化があれば、見え方も変わる。

 

 過去に二度取り上げたこの画像を、あえてもう一度掲示するのは、「ごく近い将来に危機が迫る」と思うからだ。

 改めて詳細を点検すると、煙玉や煙(霧)、人影の数がかなり増えている。

 前回までは男性の背中にいる「女」があまりにも鮮明なので、そちらに気を取られていたということもあるが、主に女性の方に集中していることと、女性の詳細が消えていること、また奥にいる「女」(影だけ)が前の女性を凝視していることから見ると、先に障りが現れるのは女性の方ではないかと思う。

 

 男性の背中にいる「女」が何を思っているかは定かではない。

 しかし、この「女」が「よからぬ素性」の持ち主であろうことは、その表情を見れば歴然だ。

 この男女が夫婦なのか交際相手なのかは分からぬが、すぐに暮らし方・生き方を変える必要がある。

 女性の方に念が向けられていることを考えると、幽霊ではなく生きた人の念(すなわち「生霊」)である場合があり、その場合は幽霊よりも厄介な事態になる。

 幽霊は論理的にものを考えられぬので、単純な反応をするが、生きた人間の憎悪や嫉妬心であれば、そういう「念」の発生源から止める必要が生じる。

 女性や親族が傷つく・傷つけられる前に対処した方が良い。

 

 まずは、何故こういうことが起きるのか、原因を考えてみることだ。

 必ず思い当たることがあると思う。

 まずはそれを悔い改め、生き方・暮らし方を正すことから始めるべきだ。

 

 あるいは、この人たちが早く私の存在に気付くことだ。

 私は既にこの男女に関わっているので、そういう相手に対しては、「どうすれば良くなるか」ということについて求められれば助言をする。

 もちろん、解決できるかどうかは本人次第だ。

 いつも記す通り、こういうのは「自力で解決する」のが基本になる。

 祈祷師など他者の祈祷やお祓いが可能にするのは「緊急避難」だけで、本人が心掛けや状況を変えぬ限り、程なく同じことが起きる。

 男性が何かしら後ろめたいことを行っているのは疑いなし。詳細は直接顔を見れば分かる。

 今は内容が分からないが、死ねば反省することすら出来なくなるから、生きているうちに対処することだ。

 誰かに恨まれているなら、その当人と話し、わだかまりを解く努力をすることだ。

 

追記)ちなみに、こういうケースは万にひとつ。ほとんどの場合は問題なし。

 人影が見えても、仮にそれが自分に蔽い被さっていても、気分転換をして悪意を捨てれば離れて行く。

 大切なことは、迅速にかつ冷静に対処することだ。背中に悪意を持つ「誰か」を抱えたままなら、ふとしたきっかけでその「誰か」に支配(同化・合体)されることがある。

 具体的に例示すると、「ほんの少し前の車が遅くなっただけで、『コイツは俺に嫌がらせをしているのか』と逆上し、仕返しをしたくなる」ような心境になりがちになる。

 冷静であれば、日常にありがちな些細なことなのに、何故かその時だけ我慢出来なくなるのは、「背中にいる者が前に押し出しているから」だ。

 

 追記)「危機」の内容について書き漏らしたが、最も起こり得るケースは「この男性が女性や親族、または他の誰かを傷つける」というものだ。ひとつのきっかけで暴力に及ぶわけだが、その時には心を悪霊に支配されている。