日刊早坂ノボル新聞

日々のよしなしごとを記しています。

◎結球しないキャベツを放置するわけ

結球しないキャベツを放置するわけ

 誰彼なく「あんたの生まれ育った土地ならではの食べ物」を訊いている。

 イメージと違う品種、料理法があり、中々楽しい。

 昨日、例によってある看護師(男)にこの質問をした。

 「田舎はどこなの?」

 「練馬です」

 東京かあ。東京では「その土地ならでは」の食べ物はない。

 「練馬大根くらいですね」

 

 私は練馬で十五年以上、会社をやっていたので、周囲の様子が分かる。

 そこで、かつて疑問に思っていたことを尋ねてみた。

 「畑に開き切ったキャベツや白菜を放置しているところがあちこちにあった。あれはどういうことなの?」

 結球しておらず、歯が全部開いているのだが、処分せず、そのままの状態だ。

 

 しかし、練馬育ちでも「しょっちゅう見かけましたが、ちょっと分かりませんね」との答えだった。

 外側などは腐っている様子で、畑の傍を通るとその匂いがしたものだ。

 仕方なく、「グーグル先生」に訊いてみた。ネット情報はかなり怪しいことが多いのだが、情報ゼロよりはまだまし。

 もちろん、「眉唾」が前提だ。

 

 そこで引いたところでは、

1)キャベツ、白菜は、割と「結球しない」ことがあるらしい。

 蒔いた季節が遅かったり、雨が多かったりという要因だ。

 でも、これだけでは、「そのまま放置する」ことが説明できない。

 すると、何番目かに次の答えに行き当たった。

2)結球しないまま冬を越させ、春を迎えると、復活することがある。

 そして、

3)寒い時期を越えた野菜はきっちり締まって甘くなる、

 ということだ。越冬キャベツ、白菜はブランド食品ということだ。

 

 事実は農家の方々に直接確認する必要があるが、3)の可能性が高いと思う。練馬では、実際、あちこちで見掛けた。

 種を採ったりする用途ではないと思われる。

 もしその通りなら、都市農業として品質と商品価値を高める方法としては有効だが、リスクも高い。

 結球しないまま腐って行く物が沢山出る。

 実際のところはどうなのだろう。

◎今日の四文字熟語 「順▢▢帆」

f:id:seiichiconan:20210422204649j:plain
f:id:seiichiconan:20210422204622j:plain
平成三十一(令和元)年四月二十八日撮影

今日の四文字熟語 「順▢▢帆」

 今日のエレベーターのモニターの問題はこれ。

 「順▢▢帆」 

 しかし、これでは変化させようがない。「帆」の言葉が作れぬからだ。

 そこで、少し設定を替えて、「順▢満▢」にしてみる。

 「順子満貫」:順子で満貫なら、タンピンサンショクあたりか。

 「順当満願」:めでたく本願が叶いました。

 「順境満足」:全部うまく行っていますね。

 「順延満員」:満員電車が途中で止まったまま動きません。

 沢山出来そうだ。

 

 さて答えは、もちろん、「順風満帆」

 追い風を帆いっぱいに受けて、船が軽快に進むさまから、「物事がすべて順調に進行すること」。

 故事成語ではないようで、言葉通りのよう。

 

 その代わり、反対語があり、これが「天歩艱難」らしい。読み方が「てんぽかんなん」だから、これも割と新しい言葉のようだ。古くからある言葉なら「てんぷ」と読むと思う。

 こちらは「天運に恵まれないために非常に苦労すること」という意味になる。

 

 しかし、「俺にはどうもツキが回ってこない」「運が無い」みたいなことは考えぬ方がよい。そのことでツキが逃げてしまう。

 どんな境遇でも、「やれば出来る」「必ず自分の手でやり遂げる」と考える習慣をつければ、自然に運が開ける。

 

◎ニュースのなるほど 「イ・ヨンスさん」

ニュースのなるほど 「イ・ヨンスさん」

 以下はニュース記事の引用。

 韓国の元従軍慰安婦の女性らが日本政府を相手取り損害賠償を求めた訴訟で原告敗訴が決定した中、訴えを起こした元慰安婦イ・ヨンス氏が「国際司法裁判所に行く」との立場を示した。

 ソウル中央地裁は21日、イ氏ら元慰安婦と遺族ら20人が日本政府を相手取り起こした損害賠償請求を却下した。

 ことし1月、裁判所は故人ペ・チュンヒ氏ら元慰安婦12人が日本を相手に提起した損害賠償訴訟で「原告に1人あたり1億ウォン(約1000万円)を支給せよ」と原告勝訴の判決を下していたが、これを覆す判決が下されたことになる。(ここまでwowkorea)

 

 この裁判の原告には、イ・ヨンスさんが含まれていた。

 これが「原告を敗訴にした」理由ではないかと思う。

 イさんは、証言がくるくる変わり、その発言が信ぴょう性に乏しい。

 イさんは慰安婦合意の「和解金」ではなく別途「韓国政府から支給された金」を受け取っていたと思う。なおこの「別の金」という理屈が通用するのは、世界の中で韓国だけ。

 財団の資金が減り(=計上され)、女性たちに金が渡っているし、韓国政府はその金を返していない。「合意は有効」とも表明した。

 合意が有効なら既に「不可逆的な解決」をみた件だ。

 

 イさんは、今、しきりに「国際司法裁判所で」と言っているが、合意が有効なら「却下される」ということ。そもそも「強制性」が疑わしいわけだが、それを検証する必要さえ無い。

 あくまで印象の話だが、この感じの「とにかく前に出る」やり方は詐欺師がよく用いる手法だ。「強く出て相手を圧迫すれば、相手は引き下がるだろう」という発想だ。

 そう思ってしまいそうになるほど、イさんの証言は疎かだ。これが言い掛かりなら、これまでの総ての証言に整合性をつけてくれ。

 

 この人を前に出して、国際司法裁判所に行かざるを得なくなったら、韓国政府のダメージは大きい。正義連を含め、これまでの慰安婦関連活動が総て否定される。

 韓国政府そのものが「嘘つき」という評価を受けてしまう。

 韓国政府自身は時間が経てば、また蒸し返すつもりだし、そうできると思っているのだろうから、今はとにかく「イさんには静かにして欲しい」と思っていることだろう。

 

 ちなみに、これはイさんでは無かったと思うが、自称公娼の中には「日本軍に無理やりジープに乗せられて、ヘリコプターで連れて行かれた」と言っている人がいた。

 日本にはジープもヘリコプターも無かったから、「米軍」を指しているのは明白だが、朝鮮戦争との5年から10年のタイムラグを埋めるためには「幼女」でなくてはならなくなった。

 しかし、そもそも日本軍には「慰安所の公娼は17歳以下不可」という軍規があったから、もしそれ以下であることが分かったら、慰安所の経営者や関連軍人が処罰されることになる。

 

 イさんらの証言を総て明るみに出すには、国際司法裁判所で裁定して貰うのが良いと思う。

 どんな結果になっても、いずれにせよ、この問題は永久に終結する。

 韓国人でもイさんのことを疑うようになった。

 それならイさんは今後なおさら先鋭化するだろうと思う。

 

 しかし、「何事も引き際が肝心」だ。2015年の合意で満足しなかったことで、イさんはこれから総てを失うことになる。

 2015年までに、日本政府は三度の賠償金(または和解金)の支払いに応じた。

 日本では「仏の顔も三度まで」という諺がある。

 承服できぬ点が多いが、もう「総てを終わり」にするために、あの合意があったのだ。そしてそれを韓国政府が了承し、自ら「不可逆的な解決」という文言を入れた。

 

 詐欺的行為を行った正義連・尹美春氏が、いまだに詳細な会計報告を行わず、今も国会議員のままだ。要するに慰安婦関連活動は「国ぐるみの不正だった」ということを自ら認めていることになる。

 そう言われたくなかったら、さくさくと尹氏の裁判を進め、断罪することだ。そうしないと、国全体により一層の傷がつく。

◎各々が背後に幽霊を従えている (一年前の振り返り)

f:id:seiichiconan:20210421131620j:plain
f:id:seiichiconan:20210421131609j:plain
f:id:seiichiconan:20210421131559j:plain
f:id:seiichiconan:20210421132031j:plain
f:id:seiichiconan:20210421131538j:plain
令和二年五月十八日撮影

◎各々が背後に幽霊を従えている (一年前の振り返り)

 幾度も書いているが、桜の時期から梅雨の間は、一年の中で「あの世」に関連する異変が最も少なくなる時期だ。

 このため、一年前の画像を検索しても、この時期のものはほとんど見付からない。

 この時期にしては、冒頭に掲示したような画像は珍しい。

 よほど光の量、日航の角度、交錯状況がマッチしていたらしい。

 

 と言っても、やはり秋冬に比べると、かなり朧気だ。

 この日は、最初、神殿前には私一人しかいなかったのだが、恐縮ながら、他の客が来るまで待って撮影させて貰った。

 他の客を撮影するのは、ひとつの仮説を持っていたからだ。

 「恐らく、誰の身にも幽霊が寄り付いたり、離れたりしている」

 幽霊はひとの感情に共感して寄り付くのだから、その時々のひとの心情の具合で、周囲の幽霊が引き寄せられるのではないか。

 そう考えたのだ。

 

 階段の境目から撮影させて貰ったので、本人たちは気付かなかったと思うが、断りを入れ意識すると、まずは写らない。プロフィールも個人情報であるから、最大限に留意するが、なるべく撮影を許して頂きたいと思う。

 仮に「これは私ですが」と申し出られれば、「助言」をお返ししようと思う。

 

 最初の男性は、左肩に煙玉が乗っている。これはガラス映像ではなく、実写で写ったものだから、よほど「撮影環境が良かった」ということになる。

 煙玉の中には、口を大きく開き、何かを叫んでいるような男の顔(の一部)が見えているから、「説明のつかない煙玉」と見て、差し支えないだろうと思う。

 「何故」「どうして」に当たる情報は、この一枚だけでは分からない。

 それを探る道筋は、この時点での男性の「気の持ちよう」だ。もし何か特別な願いごとがあって参拝に来たのなら、おそらくその内容と関係している。

 ガラス映像の方は、何となく「何かが見える」のだが、確たるものは無い。

 

 次の夫婦も男性の方に異変が出ている。

 男性の表情がガラスに映っているが、左側に男性のものではない顔があるように見受けられる。ここにガラスの継ぎ目は無いから、男性の姿が二重に映ったものではない。

 左半分だけの顔は子どものように見える。輪郭は朧げなのだが、左目が開いている。

 なお、今回初めて気付いたが、男性のマスクの中央付近にも右眼が開いていた。

 割合、幽霊を集めやすい人なのかもしれぬ。

 

 なお、男性の右側にも「何か」が隠れていると思われるが、画像が切れている。

 姿を隠そうとしているきらいもあるが、そういうのは、あまりよいものではない。

 しかし、心持ちを少し変えるだけで、しがみ付かれずに済むので、こういう状況になっても過度の心配は不要だ。

 

 身辺にぞろぞろと煙玉が写ろうが、幽霊に抱き付いて来られようが、それほど案じることはない。何故なら、「それが各人に当たり前」の状況だからだ。

 怒りを覚えれば、同じように怒っている者を引き寄せる。邪な欲望を抱いていれば、同じように欲望に執着するものを引き寄せる。

 大事なのは、「そういう心境に陥ってはダメ」ということではない。生きていれば理不尽な目に遭うことは限り無く生じる。

 だが、怒りや憎しみ、悲しみを乗り越えようとする気持ちを持つことが大切だ。

 そうすれば、どんなに悪縁がけしかけようが、ひとの心は揺るがない。

 しくじったら幾度でもやり直せばいいし、「死」は「終わり」では無いから、幾らでも立ち直りが利く。

◎父親としての務め

父親としての務め

 菅総理が訪米の折に、ファイザー製薬の経営者に電話をして、追加のワクチン提供の約束を取り付けた。

 これは訪米の「本来の目的」のひとつだったように思われる。

 注文自体は日本から行えばよいが、これをわざわざ首脳会談の日程の中で行うのは、もし断られた時にはバイデン大統領に口添えして貰うことを念頭に置いたためだ。

 実際、ワクチンの争奪戦が起きており、注文しようとしても買えぬ国が沢山ある。

 

 私的には、菅総理の行動はすこぶる正しいと思う。

 政治家の務めは「国民の生命と安全、暮らしを守る」ことだから、どこにどれほど頭を下げても「ワクチンを入手しよう」とするのは当然で、是が非でも果たすべき務めだ。

 こういうのを「物乞い外交」だと批判したバカ政治家がいたが(もうすぐいなくなるが)、もし頼みに行かずに国内でじっとしていたら、何も得るものは無い。

 当たり前のように「泥を被り」、かつ、そのことについて一切自慢・吹聴しないのは、さすが「実務派」だ。

 『七人の侍』で言えば、久蔵の役柄になるだろう。侍の中で最も恰好のよい振る舞いだ。

 

 私はそもそも自民党支持層ではないし、菅総理もピンチヒッターの役柄だと思っていたが、今回、少し見方が変わった。

 やるべきことはやっている。

 見栄を切らぬところも日本人の美意識に沿っている。

 

 「どこかの隣国の大統領やメディア」が「ちっとも出来ていない願望」を「達成した」と吹聴するのとは大違いだ。そこは先進国と「永久に発展途上国のまま」の国との違いだろう。

 

 総理大臣の立場は家族の中の父親と同じだ。

 父親なら子の安全ために、泥を被ったり土下座をしたりするのは、まったく平気だ。

 そこで躊躇しているようでは話にならない。

 子が死んでしまったら、いくら「あの時ああしてれば」と悔いたところで取り返しがつかない。

◎今日の四文字熟語は「神▢▢没」

f:id:seiichiconan:20210420232639j:plain
f:id:seiichiconan:20210420232629j:plain

今日の四文字熟語は「神▢▢没」

 病院のエレバーターのモニターには、時々。「四文字熟語クイズ」が映る。

 今日の問題はこれ。

 

 神▢▢没

 

 想像がつくが、まずは変化させてみる。

 「神主出没」: 最近の事件で、変態の神職が祈祷を受けに来た客に悪戯をする事件があったよな。

 「神船沈没」: ノアの箱舟は嵐のために沈んでしまいましたとさ。

 「神社日没」: 参拝するのが遅かったのか、鳥居を潜った時にはもう暗くなっていた。

 

 どうやらあまり変化がない。

 では「神▢鬼▢」ではどうか。

 「神様鬼様」 :何でもいいから、どうか大学に合格させて。

 これでもここまで。

 さすが、「神」は人事からは遠い存在のようだ。

 

 さて、冒頭の言葉は、もちろん、「神出鬼没」だ。

 これは中国の『淮南子(えなんじ)』を出典とするようだ。

 『淮南子』は、前漢武帝時代、淮南子劉安によって編纂された思想書で、その中の巻十五『兵略訓』の中に「神出鬼行(=神出鬼没)」という表現が出てくる。

 

善者之動也、神出而鬼行、星耀而玄運、進退詘伸、不見朕憖。
鸞擧麟振、鳳飛龍騰、發如猋風、疾如駭電。

<読み下し文>

善(よ)くする者の動くや、神出にして鬼行なり、
星の耀(かがや)きて玄(そら)の運(めぐ)るがごとく、
進退詘伸(しんたいくっしん)には、朕憖(ちんぎん)を見ず。
鸞擧麟振(らんきょりんしん)、鳳飛龍騰(ほうひりょうとう)、
發すること猋風(ひょうふう)の如く
疾(はや)きこと駭電(がいでん)の如し。     

 

<意味>

用兵に長ずる人の行動は神出鬼行である。

星の輝くがごとく、天の運るがごとく

一挙一動は、前触れもなく、痕跡も残さない。

鸞の舞い麟の走り、鳳の飛び、龍の騰(のぼ)るにも似て

発動するさまは、はやてのごとく
疾駆するさまは、駭電(いなづま)のごとくである。

 

 何か聞いたことがあるような話だ。

 誰でもすぐに思い付くのが「風林火山」だ。

 てっきり孫子かと思っていたが、必ずしもそうとはいえんのかもしれん。

 

 以下はテーマが少し変わる。

 さて、帰路のエレベーターの画像を見て、最近の自分の状態を理解した。

 最近、背中や後腰が理由なく痛んでいるのだが、なるほど、肩と言わず背中と言わず、煙玉が出ている。

 なお、これは殆どの人には見えない。同一の条件・状況で何百枚も撮影していると、小さな違いが分かるようになる。

 右肩の煙玉は「女」だ。

 いずれも雑者だが、こういうのは相手のことを量ることなくしがみ付く。

 要するに「今まさに溺れている状態」で、助けて欲しくてしがみ付いている。

 対話にならないので、あっさりと切り捨てるしか方法は無い。

 すぐに処置をしたので、程なく痛みが治まると思う。

◎休息はひと月

◎休息はひと月

 例年、桜の咲く頃から梅雨までの間は、普通の生活が出来る。

 頭の中で考えることは「人事」だけでOKだ。

 それ以外の季節には、「人事」と「幽事」の両方の対処が必要になる(笑えない)。

 

 よって今は割合、油断していても大丈夫なのだが、数日前に気付いてしまった。

 夜に、駅まで家人を迎えに行くために、駐車場に向かうと、灯りがすぐ後ろの街灯ひとつなのに、影が三つ出ていた。

 道路の両サイドに街灯がある場合は、もちろん、角度によって二つ出る。

 「いずれにせよ、三つは無いだろうなあ」と考えさせられた。

 前に「けして思い出したくない体験」をしたので、いつも注意して影を見ている。よって、この件についての見間違いは無い。

 

 だが、毎夜の夢見は歴然と悪くなって来た。

 息子も感度が高い方だが、やはり悪夢を観ているらしい。

 十一時頃に息子が寝たが、「ううん」「ううん」と魘されていた。

 「何かが来ていれば、それと分かるだろう」と思い、そのまま二十分くらい息子の寝姿を見ていた。

 もし立っているか隣にいれば、今の当方なら見えるのではないかと思う。

 

 ただ、そういう気配が伝わったのか、息子の寝息が静かになった。息子の悪夢は去ったらしい。

 次は当方が寝入った後だ。あるいは、もうじき、玄関の扉が叩かれる。

 もう慣れたので何とも思わぬが、コロナ下でやりくりに四苦八苦している毎日だ。心底より「邪魔するな」と思う。

 それが「怒り」に繋がり、日中にも怒りっぽくなる。

 我に返ると、「この状況の先の事態が先方の狙いだ」と気付く。

 ま、平常心、平常心。

 

 しかし、何時かはコロッとやられてしまうかもしれん。

 鳩尾の周辺が冷たくなる。

 結局、愚痴になった。

 

 追記)その後、自身が眠ったが、「息子が熱を出し、うんうん唸っている」夢を観た。なるほど、悪夢に魘されるところを見たので、それが記憶に残っていたらしい。

 やはり子どものことを案じるのが「親の心」のようだ。

 「息子がコロナに感染したかもしれん。どうやっても助けなきゃな」

 そう思って目が覚めた。