日刊早坂ノボル新聞

日々のよしなしごとを記しています。

◎古貨幣迷宮事件簿 「納戸から出た雑銭」(続3)

◎古貨幣迷宮事件簿 「納戸から出た雑銭」(続3) 日によって体調が芳しくないことがあり、昨日は通院後は寝たり起きたりだった。 ま、先月初めは、今現在、こうやっていること自体想像できないくらいだったから、回復には時間が掛かる。もちろん、全快する…

◎古貨幣迷宮事件簿 『納戸の中から』(さらに続き)

◎古貨幣迷宮事件簿 『納戸の中から』(さらに続き) 麻袋の裏には、木箱入りの雑銭が隠れていた。 概ね終了したかと思っていたが、まだ先があるようだ。 ビニール袋入りは、七八年前の売り立て会出品物の残り。数十キロずつ複数のルートで分譲したが、さすが…

◎古貨幣迷宮事件簿 『納戸の中から』(続き)

◎古貨幣迷宮事件簿 『納戸の中から』(続き) 水面下でどんどん処分を進めているので、もはや在庫が残り少なくなったと思いきや、納戸や外の道具小屋にも段ボールや麻袋に入った重量のあるモノがあった。 古道具類もあるが、やはり雑銭も残っていたようだ。 …

◎母が戻って来た

◎母が戻って来た 今春の経験から、「もはや何時この世とオサラバしても不思議ではない」と実感するに至ったので、今後はこれまで他人には言わずに来たことを、相手本人には言うことにした。 いっそう「変なヤツ」だと思われるだろうが、奇人変人は前からだ。…

◎納戸の中から

◎納戸の中から 納戸の中から、麻袋入りの雑銭60キロが出て来た。 やれやれ、つい最近三千枚ほど処分したばかりだというのに、まだ残っていたのか。 ちなみに、「文政銭のサンプル」として百五十枚くらいを見本で見せたと思うが、「サンプル」という表記の…

◎夢の話 第1K52夜 浄霊クリニック

◎夢の話 第1K52夜 浄霊クリニック 眠りの度に「最後に観た夢」を記憶したまま覚醒する。 多くの人は十分もすれば夢の内容を忘れてしまうと思うが、私は詳細に憶えている。 これは当人にとってはかなり煩わしい。数々の夢の中で、何らかの意味のありそうな…

◎結局、吉牛に立ち寄る

◎結局、吉牛に立ち寄る 日曜は久しぶりに所用で外出した。 神奈川県まで運転したが、圏央道が繋がったおかげで、かつての三分の一の時間で行き来できるようになった。 所用が済んだのが夕方だったが、途中で神奈川旅割クーポンを貰っていた。 二千円分だ。期…

◎夢の話 第1K51夜 葬式の支度

◎夢の話 第1K51夜 葬式の支度 二十八日の午前一時に観た夢です。 「ミンミン」とセミが鳴いており、その声で我に返った。 暑い盛りだが、俺は黒い上下を着て、座敷に座っていた。 「ここはどこだろ?」 どうやら郷里の親戚の家らしい。 午後三時頃だから…

◎後ろに座る人

◎後ろに座る人 常識的な人から見ると、「変人の語る世迷いごと」なので、怪談やホラー話が嫌いな人はここから先は読まぬように。 つい数週間前までは「まったく息が吐けぬ」状態で、まさに「死に間際」だったのだが、どうやら長い綱渡りの末に、「たまたま」…

◎「あの世」が存在するのは客観的事実

令和元年十一月二十九日撮影 ◎「あの世」が存在するのは客観的事実 何年か前に、たまたまある神社を訪れて、神殿前で記念写真を撮影した。 正面はガラス窓で、室内の様子が見える。また、日中だからガラス面に外の光が反射して、自分の姿が映っていた。 その…

◎あの位置からも引き返せる

◎あの位置からも引き返せる 「人間はなかなか死なない」 「死ぬ時はあっさり死ぬ」 この二つはいずれも真だ。 一時、私の血中酸素飽和度は86%くらいまで下がった。当然、息など全くできず、専ら酸素を吸っていた。もちろん、人工呼吸器が必要な域だ。 普…

◎夢の話 第1K50夜 何かを手渡される

◎夢の話 第1K50夜 何かを手渡される 二十四日の午前二時半に観た短い夢です。 私は二十台後半。 街を歩いていると、十階建てのビルの前を通り掛かった。 何気なくそこで足が止まる。 「何だろ。何だか気になる」 そのまま立ち止まって考えるが、何が気に…

◎火頭金剛(烏枢沙摩明王)

◎火頭金剛(烏枢沙摩明王) 正式名の読みは「うすさまみょうおう」で便所の神さまだ。 掃除をすると御利益があると言われる。 今朝、病院のロビーで受付を待っていると、急にトイレに行きたくなった。そこで奥にあるトイレに入ったのだが、便器が汚れていた…

◎耳に届かぬ音

◎耳に届かぬ音 月曜に駅前でこの世の者ならぬ「女」に会ったのだが、最初は目視出来なかったのに「疑いなくそこにいる」という実感があった。 後になり、何故そう確信したかを思い出すと、「音」が聞こえていたことがその理由だ。 「音」と言っても耳には聞…

◎耳に届かぬ音

◎耳に届かぬ音 月曜に駅前でこの世の者ならぬ「女」に会ったのだが、最初は目視出来なかったのに「疑いなくそこにいる」という実感があった。 後になり、何故そう確信したかを思い出すと、「音」が聞こえていたことがその理由だ。 「音」と言っても耳には聞…

◎いなくなったわけではない

◎いなくなったわけではない 体調を崩し、数か月の間、ほとんど出掛けられずにいた。日頃訪れている神社やお寺からも足が遠のき、月に一度行けるかどうか。ま、具合が悪いのだから仕方がない。 これが数か月続いている。 その間気付いたことは、神社やお寺か…

◎古貨幣迷宮事件簿 「雑銭資料の整理処分」

◎古貨幣迷宮事件簿 「雑銭資料の整理処分」 書庫の整理を始めたはよいが、自宅と郷里の倉庫を合わせて何千冊あるか分からない。ま、大半を廃棄処分にするとして、他の人が使えそうなものを売却することにした。 書庫やケースの中を検めると、紙類だけでなく…

◎古貨幣迷宮事件簿 「本15 南部史談会誌」の史料紹介

◎古貨幣迷宮事件簿 「本15 南部史談会誌」の史料紹介 盛岡・八戸の両南部藩の郷土史全般、あるいは鋳造貨幣に関連する資料のうち、「バイブル」に近いのが、この『南部史談会誌』だ。あるいは、古貨幣に限定するのであれば『岩手に於ける鋳銭』(とりわけ昭…

◎(風刺)「K流は日本を救う」

◎(風刺)「K流は日本を救う」 まずは小話から。 ある文化人がコメンテイターとして放送局に呼ばれた。 事前打ち合わせの後、その文化人が帰宅して妻に漏らした。 「今日の打ち合わせは外だったが、本番では局に行かなくちゃならない。不安だな」 「どうして…

◎手前でUターン

◎手前でUターン 今日は通院日。 土曜日の医師が当方の経過を見て驚いた。 「二週間でここまで変わりますかあ」 肺の症状が概ね治まり、後は両足の浮腫みだけ。体に水が溜まっている証なので、除水を進めてみて、症状が改善しなければ心臓だ。 自覚的には、心…

◎右往左往中

◎右往左往中 ウインドウズではエクスプローラーユーザーは少数派だった模様で、15日でドキュメントモードが廃止になり、右往左往しています。 何せファイルの数がやたら多いので、検索に手間がかかります。 数日、モタモタするかもしれません。 しかし、グ…

◎マリーゴールドは可憐な花

◎マリーゴールドは可憐な花 畑のあぜ道にマリーゴールドが咲く季節になった。 この花自体、なかなか美しい花だが、しかし畑では常に脇役で、虫除けのために植えられる。 よって、畑のあちこちでこの花を見ることが出来る。 自身もきれいな花を開くのに「あく…

◎「春夏秋冬」 (2022-6月15日の日記)

◎「春夏秋冬」 (2022-6月15日の日記) この日はいつもとは違う病院の循環器科にて、心臓のエコー検査を受けた。 15日のせいかすごく混雑していた。 運送業などが五十(ごっとう)日に忙しいのは分かるが、何故に病院も混雑するのか。 スマホで「ようつべ…

◎「ビビる(怖れる)」ことの効果

◎「ビビる(怖れる)」ことの効果 昨日、シャワーを浴びた後、洗面所に出たら、何かがウンウン唸っている。 洗面台の棚の上だ。 そこを改めると、シェーバーが勝手に動き出し、音を立てていた。 ええええ。 髭剃り機のスイッチは割と深く押し込まぬと入らな…

◎放出資料の解説(続き)

◎放出資料の解説(続き) 『南部叢書 第九冊』 『南部叢書』第九冊は、南部地方の史書や伝承、口碑を取り纏めたものだ。このうち「九戸軍談記」を読もうと思って入手したのだが、明らかに昔の人が書いた小説だった(作り話)。 ま、この書自体はそれほど古い…

◎運動バカではない

◎運動バカではない スポーツ選手やスポーツ担当の記者がよく口にするのが「有効的」という言葉だ。 これを全国区にしたのがK1の某選手は、他選手の解説の時に「今のは有効的でした」を乱発していた。プロ野球でも多くの解説者が使う。 文法からして誤りなの…

◎この八か月を振り返る

◎この八か月を振り返る 体調不良、および人事の悪化が長期にわたり続いたが、ようやく好転の兆しが見えて来た。 そこで気が付いたことは、「総てが系統的に繋がっていた」ことだ。 ここでこれまでの経過を振り返る。 N湖を訪れるようになったのは、もはや五…

◎ただの運動バカではない

◎ただの運動バカではない スポーツ選手やスポーツ担当の記者がよく口にするのが「有効的」という言葉だ。 これを全国区にしたのがK1の某選手で、た選手の解説の時に「今のは有効的でした」を乱発していた。プロ野球でも多くが使う。 文法からして誤りなのだ…

◎夢の話 第1K49夜 大学にて

◎夢の話 第1K49夜 大学にて 十三日の午前三時に観た夢です。 「俺」は二十歳台のよう。 事務局より呼び出しがかかったので、窓口に行った。 女性事務員が出て来て、冷たい口調で言う。 「あなたは二年生の時のドイツ語の単位が二単位足りていませんよ。卒…

◎何故に地上波で報道しないのか

◎何故に地上波で報道しないのか 細田議長が担当記者の女性に対し、「これから家に来ないか」とナンパまがいの行為をした(虚実は知らぬ)ことについては、当初メディアが騒ぎ、さらに野党の一部は国会で免職決議案まで提出した。 しかし、TBSの記者が「ウク…