日刊早坂ノボル新聞

日々のよしなしごとを記しています。

#幽霊、心霊

◎蜘蛛の巣がかかった後に起きること

幽霊は日常的にひとの心に取り憑く ◎蜘蛛の巣がかかった後に起きること 昨年の経験以後、「頭に蜘蛛の巣がかかる」感触は、幽霊が取り憑いた時に感じる自覚症状のひとつだということが分かった。 この感覚は、昨年以前にも度々経験したことがあり、「手で払…

◎「去年の敵が今年は友?」(646)

夕方なのであまり鮮明には写らないが、私自身はファインダで直接見ている。 ◎「去年の敵が今年は友?」(646) 三日月曜は所用が目白押し。おまけにねん挫した娘を病院に連れて行かねばならず、用事が終わった時には、四時を回っていた。 帰宅すべく車を運転…

◎「もうあっち側の人」日記

◎「もうあっち側の人」日記 看護師のユキコさんに言われた「もうあっち側の人」が気に入ったので、あちこちでハンドルネームで使うことにした。 それを実感する出来事があったので、それを記す。 私はとっくの昔に「夏目漱石シンドローム」で、四六時中、「…

◎病棟日誌「悲喜交々」 十月一日付 「憑依される」

令和三年十月 稲荷の傍で悪霊を拾う ◎病棟日誌「悲喜交々」 十月一日付 「憑依される」 この日は通院日。 病棟に行くと、看護師のユキコさんが出勤していた。 二週間ほど顔が見えなかったから、容易に想像はついたが、当人いわく「夫が感染しまして」との話…

◎しばしの休息(645)

◎しばしの休息(645) 人込みの中に入ったので、帰路には神社に参拝した。 多くの場合、「お持ち帰り」するためだ。そういう場合は帰路途中で、再び人のいる場所に入ってから家路につく。 だが、特に問題はなかった。 光の帯が少し入ったが、神社では当たり…

◎誰の声なのか

ガラス窓に映る私自身を撮影した画像。周囲に人が一人もいない状況で撮影した。 ◎誰の声なのか 六十歳を越えたところで、「突然自死する」というケースを調べている。 タレント・俳優なら、ダチョウUさんとか、俳優のWさんが記憶に新しい。 ところが、一般の…

◎連れて行かれたのはあの人の方

◎連れて行かれたのはあの人の方 七八年前に入院していた時のことは幾度も記録を残した。時間が経つにつれ、記憶が混濁して行くが、逆に時間が経ったから状況が分かることもある。 心臓の治療で入院したのだが、私が希望して六人部屋に入れて貰った。母は入院…

◎霊感のある人とない人の違い (その3)

令和元年七月十五日成田空港にて ◎霊感のある人とない人の違い (その3) まずはこれまでの経緯について。 ガラス戸に映る景色を写真に撮ると、実際の景色とは別のものが見えることがある。 景色がぐにゃぐにゃに曲がったり、そこにはいない筈の人影が映っ…

◎ガラス窓の中の「あの世」 (「霊感のある人とそうでない人の違い」の続き)

◎ガラス窓の中の「あの世」 (「霊感のある人とそうでない人の違い」の続き) さて、前回の「霊感のある人とそうでない人の違い」の続きだが、ここでは、ガラス窓の中に見える「あの世」の姿について、整理して行こうと思う。 一つひとつの画像自体はこれま…

◎霊感のある人とない人の違い

◎霊感のある人とない人の違い 題名はやや「釣り」気味で、霊感自体は誰にもある。一方、特別な霊能力などというものは存在しておらず、単純に知覚範囲が広いだけだ。視角の場合は、可視波長域が少し広いのだが、近視や遠視を能力と呼ばぬのと同様に、その人…

◎猫のトラは白衣観音の使いだった

◎猫のトラは白衣観音の使いだった 物事の持つ意味を同時進行的に理解するのは難しい。移動しながらでは、自分の位置を確認するのが難しいのと同じことだ。 最近、神社猫のトラのことを頻繁に思い出す。 出会いから別れまでの日々の思い出を辿っていると、今…

◎『三途の川便り』 ガラスの合わせ目の左右で見えるものが違う

令和二年六月十四日撮影 ◎『三途の川便り』 ガラスの合わせ目の左右で見えるものが違う ガラス戸が何枚かに別れている時に、各々の戸の向き(角度)が微妙に異なることがあるが、そういう時にはガラスに反射した景色が二重に見える。 映っている景色(の角度…

◎ガラス窓に映る人影

◎ガラス窓に映る人影 「あの世」ウォッチングを本格的に始めたのは、ほんの小さな偶然からだった。 心臓の治療の後、長らく体調が優れぬままだったが、神社猫のトラに会うことを励みにして、「トラの神社」に通うことにした。(当事者に迷惑をかけぬよう神社…

◎何ひとつ解決していない (644)

飯能 能仁寺にて ◎何ひとつ解決していない (644) 昨夜、午前三時頃に階下に降り、コーヒーを淹れようとしたら、すぐ近くに「黒いひと」が立っていた。 従前は「カウンターの陰に女がいる」ことが多かったのだが、今回は「黒いひと」がまともに出た。こ…

◎理屈は分からない

お供え用の水 ◎理屈は分からない ・ざわざわ感が取れぬ時 ・心中の怒りが鎮まらない時 ・あの世の者を目にした時 ・悪夢が続いた時 などに、「枕元に水を置いて寝るようにすると、よくなる」と言われる。 実際にやってみると、本当によくなる。 何故そうなる…

◎アモンの肖像

令和元年七月二十七日撮影 ◎アモンの肖像 時々、日々の記録に「アモン」の名を出す。 正確な発音は「ウモン」に近いのだが、語呂がよいので「アモン」と呼んでいる。 画像に残ったのは、平成元年の七月だ。しかし、それ以前から私の近くにいたようだ。 外見…

◎この日はご供養デー(643)

飯能・能仁寺にて ◎この日はご供養デー(643) まだかなり周囲に残っている感じがあるので、この日は午前中からお寺に行くことにした。飯能の能仁寺なら不動堂があるので、当家にとっては墓参りと同じことだ。 駐車場に車を停め、坂を上ろうとしたが、春…

◎まるでツアーガイドのよう(642)

令和四年九月二日撮影 ◎まるでツアーガイドのよう(642) 木曜の深夜に眠りについたが、息苦しさでまったく眠れず、一睡もしないうちに朝になった。起き上がる直前に耳元で「女の声」が響く。声の感じは三十代前半くらいの年格好だ。 「こりゃいかん。べった…

◎二日後

令和四年八月二十九日撮影 ◎二日後 ワクチン接種日の当日と翌日は副反応があり、夜には眠りながら唸っていた。とりわけ肺は弱りがちなので、ゼエゼエと摩擦音がするし、息苦しい。これは二日後に少し良くなった。 朝、妻子を駅まで送り、帰宅してから仮眠し…

◎四回目のワクチンの日の出来事

令和四年八月二十九日撮影 ◎四回目のワクチンの日の出来事 四回目をファイザー限定にしたら、予約が入ったのはひと月後だった。でもま、前回のモデルナでは肺症状の引き金になったから、副反応の少ない方にするのが無難だ。 市内の「知らん名前の病院」に行…

◎令和元年秋に起きた出来事(その2)

◎令和元年秋に起きた出来事(その2) 前項の続きとなる。 5)そこにはいない筈の人影 九月十五日および九月二十七日にK神社の神殿前で撮影 ⑤⑥⑦⑧は、いつも通っていた神社の神殿前で「ガラス戸に映る私自身」を撮影しようとした画像だ。それまでの、その場に…

◎令和元年秋に起きた出来事(その1)

◎令和元年秋に起きた出来事(その1) 外出時に撮影した画像を、性質に応じ「旅先」と「煙玉(あの世)」に区分し、ファイルを整理している。たまたま「旅先」のファイルを開ける機会があったのだが、そちらにも煙玉や人影が出ているものが多数あった。 撮影…

◎「三年前の出来事」(さらに続き2)

令和元年八月十八日撮影画像と参考図 ◎「三年前の出来事」(さらに続き2) さらに前回の続きとなる。 撮影当時はよく分からなかったことのひとつが、私のすぐ近くにある「煙」だ。 遠くに見える木々の葉のような印象を受けるのだが、この位置、この角度から…

◎「三年前の出来事」の考察(続き)

令和元年中の「あの世」画像 ◎「三年前の出来事」の考察(続き) 昨日の記事は画像が粗く分かりにくかった筈なので、少し補足する。 多くの人が考え違いをしている点は、「幽霊は元々、人の眼に見えぬ存在」であるということだ。厳密には「生きた人の可視域…

◎三年前のある日の出来事

◎三年前のある日の出来事 同時進行的には、その時起きている事態を認識出来ないが、後になり初めて分かることがある。 たまたまFBで三年前の画像が自動再生されたのだが、今になり詳細が分かった。 画像は令和元年の八月十八日のものだ。 いつものように神社…

◎「バカボンのパパ」式科学

令和二年十一月二十三日撮影 ◎「バカボンのパパ」式科学 昨夜たまたま、NHKBS2の「ダークサイドミステリー」をチラ見した。 素材は米国では有名な「心霊スポット」のアミティビルの一軒家の話だ。 いろんな映画の素材になったので、知っている人は多いと思う…

◎八月八日の画像検証

令和四年八月八日撮影 ◎八月八日の画像検証 知見を積み重ねるためには、「言える部分」と「言えぬ部分」、そして「よく分からぬ部分」を整理する必要がある。 そこで八日の画像を幾つか検証することにした。 まずは左側の「影」から。 この門の下は天井の陰…

◎女の幽霊を背負っていた

令和四年八月八日撮影 ◎女の幽霊を背負っていた こういう表題の付け方は如何にも好事家的なので、あまり好きではない。だが、最近、あの世に関するデタラメな作り話がネット中心に流布される傾向が強いので、ソコソコ付き合うことにした。 もちろん、耳目を…

◎幽霊は物として存在している

令和二年一月二十七日撮影の「防護服の男」 ◎幽霊は物として存在している 画像は一昨年の一月にたまたま撮影したものだ。 時は横浜にクルーズ船が到着して間もない頃で、まだコロナの本格的流行が始まっていない頃になる。 正月の初詣のシーズンが終わり、境…

◎ちょっと不都合な「あの世」の話 その1「座敷わらしは顔が怖い」

◎ちょっと不都合な「あの世」の話 その1「座敷わらしは顔が怖い」 福の神で知られる「座敷わらし」だが、伝説の内容から、市松人形のような可愛らしい風貌を思い浮かべる人が多いと思う。 以下は私の体験談から。 小学一年生の頃に、母親の実家に泊めて貰っ…