日刊早坂ノボル新聞

日々のよしなしごとを記しています。

#幽霊、心霊

◎雌ライオンの視線(581)

令和三年五月十二日撮影 ◎雌ライオンの視線(581) 髪が伸び「いかにも病人」風のボサボサ頭になって来たので、散髪に行くことにした。 だが、どこに? 床屋は接触型ビジネスだから、客も理容師もリスクが少し高い。 考えた末に、朝一番で「前に一度行っ…

◎北海道でのほんの少し怖い体験

◎北海道でのほんの少し怖い体験 若い頃に各駅停車を乗り継いで稚内まで行ったことがある。 その途中、各地を見物するため寄り道したのだが、登別に着いた時が午後八時頃。 もちろん、泊まる場所の宛は無い。 大体は駅前で寝袋に入って寝ていたが、その駅前に…

◎ようやく夏場らしく(580)

令和三年五月九日撮影 ◎ようやく夏場らしく(580) いつまでも「コロナのせいで」と言ってはいられぬので、動き出すことにした。 そもそも、世間一般が自粛自粛にウンザリしたのか、あまり「行動を慎まなくなった」感がある。今の感染者の増大はそのせい…

◎夢の話 第953夜 予知夢

◎夢の話 第953夜 予知夢 五月九日の午前三時に観た夢です。 我に返ると、と言うより、夢うつつのまま茫然としている。 突然、目の前にモニター画面が広がる。 そこで・・・。 この先は記述することが出来ない。 私に関する予知夢だからだ。これは概ね、二三…

◎病院での出来事

◎病院での出来事 治療を終え、腕に止血バンドを巻く段になり、この日の当方担当だった看護師長が「バンドがありませんよ」と言う。 「朝確かにそこに置いたが、更衣室に忘れたかもしれんね」 そう答えて、病棟のを借り、更衣室に落ちているかを確かめに行く…

◎「小さい老人」の謎が解ける

「小さい老人」令和三年五月二日撮影 ※身長が120㌢以下で画像の中だけにいる 「猫わらし」令和元年十一月二十四日撮影 ※実物がいないのにガラス戸に映っている ◎「小さい老人」の謎が解ける 先日の「小さい老人」は、一昨年の「猫わらし」と同じ性質の者…

◎「小さい老人」の検証(579)

令和三年五月四日撮影 ◎「小さい老人」の検証(579) 四日は通院日。連休は関係無く、生きて行くためには治療が必要だ。 原稿を叩くキーの動きが乗りに乗っていた時なので、これを中断するのは痛い。 中断すると、また最初からやり直しになる。 師長が傍に来…

◎「小さい老人」はどこから来たのか(578)

令和三年五月二日撮影 ◎「小さい老人」はどこから来たのか(578) この日は連休中の日曜で、お寺も神社も混雑するのだが、あえて参詣参拝することにした。先日のあの患者が無難にあの世に進んでくれることを祈願するためだ。 ま、先に進めぬ場合は、私の…

◎死んだ後も同じことを続ける (一年前の振り返り)

令和二年六月十七日撮影 ◎死んだ後も同じことを続ける (一年前の振り返り) 「あの世」の所在を信じない、あるいは信じたくない者は、画像に写る人影が、多く「不鮮明であること」で「証拠にならない」と見なす。 だが、鮮明さはひとの可視域の問題で、受け…

◎「私はイリス」

◎「私はイリス」 最初の画像の黒いショールを頭から被った女が「イリス」だ。 この画像を撮影した時に、自分からそう名乗った。 知人のT氏に教えて貰ったが、「イリス」はギリシャ神話に出て来る女性の名前らしい。 「リリス」になると、キリスト教の女悪魔…

◎肩の上の少女 (一年前の振り返り)

令和二年五月六月期に撮影 ◎肩の上の少女 (一年前の振り返り) 桜の時期から梅雨までは、「あの世」に関わる異変が起き難い季節になる。 このため、思わず手が止まるような画像は、月に1、2枚しか見付からない。 最初の画像は昨年の五月に撮影したものだ…

◎早速「障り」が出る

◎早速「障り」が出る 水曜は外出していたが、終日、お腹の痛みに苦しんだ。 主に鳩尾の周囲の痛みで、心臓に異常が発生している時の兆候に似ている。 他の内臓ならこれまで病気になったことが無い位置だ。 かなりの激痛で、横にならねばならぬ程だった。 そ…

◎亡くなったらしい

◎亡くなったらしい これから語る「あの世の話」は少し重い内容だ。 よって、耳に入れたくない人は読まぬ方が無難だ。 いつも記す通り、ツイートや拡散は無用だ。好奇心から「そんなことは無いだろ」と笑うと、きちんと「それを聞く者がいる」ので、注意と警…

◎繰り返し願を掛ける(577)

令和三年四月二十六日 ◎繰り返し願を掛ける(577) 一度「祈願」を始めた以上、繰り返し願掛けを行い、実現に近付ける必要がある。 祈願を具現化するには、「信」と「念」が必要だが、そちらの修練は日夜積んでいる。 ちなみに、願いごとがあり、いきなり…

◎祈願のため神社に(576)

令和三年四月二十五日撮影 ◎祈願のため神社に(576) この日はひとつの目的があり、神社に参拝した。 自分のためではなく、ある患者のためだ。 神域で願うことでは無いから、駐車場から鳥居まで歩く間に祈願した。 「アモンさまアモンさま。あの患者の頭…

◎扉を叩く音 (番外編)「破魔のアイテム」

◎扉を叩く音 (番外編)「破魔のアイテム」 「毎年、秋から冬にかけて、深夜、玄関の扉を叩く音が聞こえる」話の続きになる。 十年以上、この現象が続いたが、この一二年で「玄関の中に入る」ようになったから、状況は少し変わっている。 四月二十三日の記録…

◎こんなホラー映画を観た 『スケアリー・アパートメント』 (ネタバレ)

◎こんなホラー映画を観た 『スケアリー・アパートメント』 (ネタバレ) 1970年代のスペインが舞台。都会の古びたアパートに、農村から一家族が引っ越して来る。いわくありげなそのアパートには、やはりそれなりの「いわく」があり、次々に変事が起こっ…

◎各々が背後に幽霊を従えている (一年前の振り返り)

令和二年五月十八日撮影 ◎各々が背後に幽霊を従えている (一年前の振り返り) 幾度も書いているが、桜の時期から梅雨の間は、一年の中で「あの世」に関連する異変が最も少なくなる時期だ。 このため、一年前の画像を検索しても、この時期のものはほとんど見…

◎今日の四文字熟語は「神▢▢没」

◎今日の四文字熟語は「神▢▢没」 病院のエレバーターのモニターには、時々。「四文字熟語クイズ」が映る。 今日の問題はこれ。 神▢▢没 想像がつくが、まずは変化させてみる。 「神主出没」: 最近の事件で、変態の神職が祈祷を受けに来た客に悪戯をする事件が…

◎休息はひと月

◎休息はひと月 例年、桜の咲く頃から梅雨までの間は、普通の生活が出来る。 頭の中で考えることは「人事」だけでOKだ。 それ以外の季節には、「人事」と「幽事」の両方の対処が必要になる(笑えない)。 よって今は割合、油断していても大丈夫なのだが、数日…

◎様々なイリス

◎様々なイリス 典型的な女の悪縁(悪霊に同じ)を「イリス」と呼んでいる。 何故そう名付けたかと言えば、画像最左の「女」自身がそう名乗ったからだ。 だが、この「女」一体だけではなく、同じような悪縁を「イリスの仲間」として認知するようになった。 当…

◎「ノースリーブの女」の周縁

「ノースリーブの女」の周縁 ◎「ノースリーブの女」の周縁 幽霊が寄り付くと、ある一定の期間、その人の近くに留まることが多い。 概ね四か月から一年と期間は様々だが、身近なところにいて、その人を見ている。 先日、「ノースリーブの女」の画像を掲示した…

◎夢の話 第951夜 異国の町で

様々なイリス。いずれもひとの心に悪意を吹き込む。 ◎夢の話 第951夜 異国の町で 四月十七日の午前二時半に観た夢です。 急な用事が出来、異国の町に行くことになった。 目的地では書類にサインするだけなのだが、本人が行かねばならない。 飛行機と列車…

◎煙玉の周縁(一年前、十二年前の振り返り)

令和二年四月二十七日撮影 ◎煙玉の周縁(一年前、十二年前の振り返り) 画像は昨年のもの。雨の日だったので、水蒸気または水煙に光が反射して、白い球のように写る場合がある(自然現象の煙玉)。しかし、二枚目のものは「説明のつかない煙玉」である場合が…

◎「お迎え」への対処(575)

令和三年四月十三日撮影 ◎「お迎え」への対処(575) 「あの世」の者が自分のことをどのように眺めているかを知ると、間接的に「今の自分自身が置かれた状態」を知ることが出来る。 この場合の「状態」とは、「霊魂の状態」という文脈だ。 身体の状態は病…

◎怒りの神

◎怒りの神 先日、怒りを覚えたまま通り道に入ったので、あれこれと悪縁を拾った話を書いた。 その後、お祓いをして、怒りの神が去ったかと思ったら、まだ傍にいたようだ。 なお、この場合の「神」は「この世ならぬ者」という意味で、悪縁のことだ。 突然、腹…

◎一年前の振り返り 「白いノースリーブの女」

令和二年四月二十二日撮影 ◎一年前の振り返り 「白いノースリーブの女」 「あの世」系の画像は、時間の経過と共に変化する。 いわゆる「心霊現象」は、不可視域の光(概ね赤外線)を曲げ、画像に歪みを生じさせる。カメラは人間の眼より捕捉範囲が広いため、…

◎「浄化」を始める(574)

令和三年四月八日撮影 ◎「浄化」を始める(574) 最近、治療の方針変更があり、まだそれに慣れていないので治療の後がややキツい。 通院日には、帰宅してからも家で横になっていることが多い。 木曜もかなり「よれて」いたので、とりあえず帰宅しようと思…

◎そろそろ限界に近づく

◎そろそろ限界に近づく 怒りを抱えて「通り道」に立ち入ったので、あれこれと悪縁を拾った。 それ以後、常に「何か」の影が近くに居るようになった。 台所のカウンターの後ろに立つ「何か」は、これまでは「女」だったが、これが「男」に替わっている。 それ…

◎エレベーターでの出来事

◎エレベーターでの出来事 この記録を残すべきか、一晩考えた。 肝心な箇所は、公表出来ない性質のものだし、かなり不鮮明だから、見慣れていない人には分からない。 記録する方も見る側も消化不良になるのではないか。そう思ったのだ。 だが、ここの作業は耳…