日刊早坂ノボル新聞

日々のよしなしごとを記しています。

#幽霊、心霊

◎総ての謎が解ける

令和元年に現れた「白衣の女」 ◎総ての謎が解ける 「扉を叩く音」のスレッドに、「深夜、玄関の扉を叩く音が聞こえる」件が再開したことを記したが、「何故家の門柱のところにいるのか」という疑問があった。 既に「出入り自由」の筈で、私の後ろについて家…

◎病棟日誌「悲喜交々」1/31  「死はわが友」

◎病棟日誌「悲喜交々」1/31 「死はわが友」 先日、血圧が異常降下した折に、それが正常域に回復して行く途中で眼球内で少し出血した。このため、この日は最初に眼科の検診に行き、それから腎臓病棟に行く段取りとなった。 眼から出血するのは、多くの場合、…

◎扉を叩く音(続) 一月末日の記録

◎扉を叩く音(続) 一月末日の記録 「深夜、玄関の扉を叩く音が聞こえる」話の続きになる。 どうやら本格的に再開するようだ。 一月末日火曜の23時38分には、私は居間で眠り込んでいたのだが、「ピンポーン」のチャイムの音で起こされた。 今のところ、…

◎帰って来た「扉を叩く音」(続)

◎帰って来た「扉を叩く音」(続) おお、この一二年はまったく起きなかったので、このことを忘れかけていた。 「深夜、家の玄関の扉を叩く音が響く」という出来事が帰って来た。 つい先ほど、午前三時過ぎのこと。 玄関の手前の「郵便受け」には、表札を吊り…

◎「想像や推測の一端」

◎「想像や推測の一端」 第六感(霊感)は能力ではなく、「想像や推測の一端」に過ぎぬと言う。私なりに言葉を加えると、「想像や推測の一端であり、妄想」だが、時々、現実に結びついていることがある。 ただ、そういうこともある・時もあるという程度だ。「…

◎七百年という時間

◎七百年という時間 所用で狭山市の駅前まで行くと、狭山八幡に参拝するのが定番コースになった。 境内でこれまで立ち寄っていない場所は、石造りの階段の上だけだったが、ここには「新田義貞駒繋ぎの松」があるという。 ま、こういうのは、かなり時代が下っ…

◎まだ大丈夫

◎まだ大丈夫 「生き死に」に関わった時には、あの世の者が寄り憑き易くなるから、すぐに八幡さまに参拝した。 やはり予想通りだが、視覚的には鮮明ではなく確認し辛い。 ま、今は触覚が助けてくれるので、周囲にわさわさと寄り集まっているのは分かる。 あの…

◎今日はツイてた

◎今日はツイてた 今朝、目覚めた時に、最初に思ったのは「俺はツイてた」ということだ。 「まだ死んでねえや」 最近、いつになく調子が良いのだが、やはり過信は禁物らしい。 飲食が好調なので、つい摂りすぎになり、水分が過剰になる。この一週間は除水が3…

◎やはり霊障だった

◎やはり霊障だった 週に三日は病院で過ごすのに、今週は四日目の「循環器の定期検診」に当たっていた。 バイタルチェックはもの凄く混雑しており、待ち時間がそれなりにかかったが、それを終えて、医師の問診の段になったら、待ち時間はほぼ五分だった。 医…

◎あのひとが戻って来た

◎あのひとが戻って来た 先日の画像を点検すると、自分の周りに煙が取り巻いている。 周囲にはびゅうびゅうと光を歪める「気」が流れているのだが、私の周りは安定している。 殆どの人は見えぬだろうが、白く光る煙に囲まれている。 左肩の煙は「白い服の女」…

◎次のステージに向かう(653)

◎次のステージに向かう(653) 今朝方、四年前の画像を見ている時に「閃き」があり、すぐに初詣に出掛けた。 行き先はトラの神社だ。 この一年はそれこそ苦汁を舐めたが、一段階前に進んだ気もする。 神殿前に行くと、さすがに一月で、参拝客が多い。 遠目か…

◎想定外だった

◎想定外だった 令和元年当時は想定外のことがどんどん起きていた。 この温泉施設ではかつて感染事故が起き、三人くらいの高齢者が亡くなっている。このため一二年間休業し、経営母体を替えて再出発したところだった。 ガラスがあると、無意識に自分自身を撮…

◎幽霊は取り憑こうとする「相手に化ける」

◎幽霊は取り憑こうとする「相手に化ける」 今日の午前二時頃のこと。 居間で十一時頃に寝袋に入って映画を見ていたが、そのまま寝入ってしまっていた。 夢も観ずに眠っていたのだが、声が聞こえる。自分自身の声だから、頭の中で考えていることが言葉になっ…

◎病棟日誌「悲喜交々」1/7 サントワマミー

◎病棟日誌「悲喜交々」1/7 サントワマミー やはり調子のよい日悪い日があり、この日は下の方。 歩きながら、「今日はゆるぐねな」と呟く。これは数十年口にしていなかった田舎言葉だ。 ま、こういう状態には慣れるしかない。 この先だって、「今日が人生最良…

◎幽霊は何を求めているのか

◎幽霊は何を求めているのか 正月早々、あの世話でもないと思うが、昨夜、夢の中に「お師匠さま」が現れて、「この世を去るまでの間に、可能な限り、伝えるべきことを伝える努力をすること」と言われた。 お師匠さまによると、これまでに瞼を開いた人は五人く…

◎夢の話 第1K80夜 母を案じる

◎夢の話 第1K80夜 母を案じる 大晦日の夜に観た短い夢だ。この夜に観る夢はまだ「初夢」ではないらしい。 「初夢」は元日の夜に眠りについた後に観る夢ということだ。 長患いの母が「買い物に行く」というので、家族で外出した。 ドライバーは私で、父と…

◎病棟日誌「悲喜交々」 大晦日の病院

◎病棟日誌「悲喜交々」 大晦日の病院 大晦日でも通院日。ロビーは真っ暗だが、椅子には一人二人座って下を向いている。 家族が救急搬送されたので、待機しているわけだ。 年取りなのにお気の毒だが、寒い時期には休みなく搬送されて来る。 おろおろしている…

◎一足早い元朝参り(7)

◎一足早い元朝参り(7) 娘は今日まで仕事らしい。休みは大晦日と元日だけ。 駅まで娘を送ったが、さすがに人はまばらだった。 そこからゆうちょに回り、年末の抽選会の賞品を発送した。 色んな人に「ちょっとした幸運」を振り撒くのは、ほんの少しだが、こ…

◎ワクチン接種の翌朝(後日談)

◎ワクチン接種の翌朝 半日埼玉西部をぐるぐると回らされ、さすがに疲労したので早めに眠りについた。 しかし、午前四時に「声」で起こされた。 カラスの鳴くような「キャアアア」という甲高い声だった。 これは私の頭の中だけで響いている。 そこで、頭の近…

◎目まぐるしい一日(653)

令和四年十二月二十八日撮影 ◎目まぐるしい一日(653) 狭心症の発症から一夜明けて、この日はワクチンの接種日だ。 発症直後だけに副反応が出るかもしれん。 モデルナでは割と強く出たので、以後はファイザーで通しているが、それとは別の問題がある。 ファ…

◎白衣観音のルーツを探る

◎白衣観音のルーツを探る 数日前に自分の背後に「白衣観音が戻って来た」という実感を得た。 ほぼ三年ぶりだ。 「白衣観音」は私が便宜的に呼んでいる名称で、元は「白い着物の女」と呼んだり、「御堂さま」と呼んだりしていた。自分で名乗ってくれると話が…

◎確かめに行く(06)

◎確かめに行く(06) 昨日、八幡さまで得た「全身が冴えわたるような感覚」と、夜に観た「吉夢」がリンクしている可能性がある。そこで翌六日も続けて、再び午前中のうちに八幡さまに参拝することにした。 少し時間をずらしたので、この日は日光を浴びること…

◎「その時」が来た

◎「その時」が来た つい先ほどの話。 居間で寝袋に入って寝ていたが、隣の部屋から「バチンバチン」と手を叩く音がして目覚めた。 まるで柏手のよう。 すると間を置かず、続いて「バチン」が四回だ。 それなら魔除けの所作だ。 すぐに息子の部屋に行き、様子…

◎シベリアの穴から響く声

◎シベリアの穴から響く声 シベリアに火山性の穴があり、深さを測れぬほど深いという。 この穴にごうごうと轟音が響くのだが、その音に混じって、人の叫び声が聞こえるのだそうだ。 人が耳にする音は、総てが物理的な音ではなく、「沈黙の音」みたいに現実の…

◎「黒いひと」

◎「黒いひと」 「黒いひと」の存在に気付いたのは、割と最近で、平成三十年のことだった。 掲示の画像で言えば二枚目がそれで、この時、私は「トラの神社」の神殿でガラス窓を撮影していた。内門付近に立ち、ガラス窓まで二十㍍の距離からクローズアップ撮影…

◎標識としての煙玉

◎標識としての煙玉 「煙玉」はそれ自体が霊的現象というわけではないのだが、霊的現象の付帯的な産物として現れることがある。要するに霊的現象により何らかの物理的変化が生じ、その変化によってもたらされる別の反応だ。 冒頭の画像は、つい昨日まで「単な…

◎失われた一年

◎失われた一年 18日日曜は久しぶりに片道一時間ちょっとのところに遠出した。一月以降は体調の悪化に苦しんでいたから、遠出などしていない。よって、ほぼ一年ぶりではないかと思う。 十一月に稲荷の神域にたまたま足を踏み入れたのを起点に、「障り」の波…

◎1グラムの違い

◎1グラムの違い 「あの世」的な異変を見取るうえで、最も当てにならぬのが視覚だ。 そもそも、「あの世(幽界)」は人間の可視域に跨って存在しており、多くの場合外にあるから、あまりよく見えない。このため、見えるかどうかは判断の尺度にならない。 私…

◎参拝のフルコース(653)

◎参拝のフルコース(653) 背中に手を当てられている感触があるので、いずれにせよお寺に行かねばならない。 それなら、いっそのことフルコースで回ることにした。 まずはN湖だ。そろそろ湧き水を汲み、体内の循環を良くする必要がある。 途中でお弁当を買っ…

◎違いは歴然

◎違いは歴然 八日の画像(651)の中で、「女」について言及したが、不鮮明でも違いは歴然だ。ほぼ同じ時刻(差は一二分内)に撮影した画像を並べてみると、左→右の順に撮影したが、私の頭の部分には違うものが映っている。 左側では私の顔の前に、大きな…