日刊早坂ノボル新聞

日々のよしなしごとを記しています。

#事件

◎何故に地上波で報道しないのか

◎何故に地上波で報道しないのか 細田議長が担当記者の女性に対し、「これから家に来ないか」とナンパまがいの行為をした(虚実は知らぬ)ことについては、当初メディアが騒ぎ、さらに野党の一部は国会で免職決議案まで提出した。 しかし、TBSの記者が「ウク…

◎100万返す羽目になる

◎100万返す羽目になる 持続化給付金(以下「支援金」)詐欺では、一千人以上の人が片棒を担いだわけだが、報酬は手取り20万だった。残りの金は、詐欺師集団への謝礼と、大半が仮想通貨への投資に回った。 投資と言っても、仮想通貨の運用で儲かったのは…

◎何故に「1万ドル」ずつなのか

◎何故に「1万ドル」ずつなのか 4600万のご送金略取事件の送金履歴では、「1万ドル相当」を決済会社宛に複数回送っている。 一度に送れば簡便なのに、何故わざわざ「1万ドル相当」ずつを繰り返したのか。 不自然な流れの理由は、「換金」を想定したも…

◎4600万の行方

◎4600万の行方 「ネットカジノで使った」と言う話を真に受けて、ネットカジノの実態を調べているメディアがいるが、まさにアホ丸出しだ。 こんなのは単なる「洗浄」に過ぎない。 バクチは必ず「タネ銭を入れる」ところから始める。 競馬なら馬券を買う。…

◎出張強盗

◎出張強盗 昨夜の午前0時過ぎのこと。 家人が居間でテレビを観ていると、玄関の方で微かに「カチャ」という音が響いたそうだ。 当家の玄関は引き戸式だから、ちょうどドアノブをそっと引くとそんな音になる。 家人は「娘(長女)が帰って来たのか」と思った…

◎臓器殺人ではないのか

◎臓器殺人ではないのか 座間の犯人は、ごく普通に会話が出来るようで、サイコの感じではない。 ところが、平均して週に人1のペースで殺しており、中には1日に1人を解体していた時期がある。 これは流れ作業的に行う必要があり、狭い風呂場では到底無理な…

◎中2女子 チケット詐欺事件の構図

◎中2女子 チケット詐欺事件の構図 先日、ニュースになった中2女子のチケット詐欺事件について。 これは本当に面白い。 構図はこう。 1)最初の出品者Aがチケットを出品する。 2)それを見た中2女子が、ネットオークションに同じものを空出品する。 3)中…

(女児殺害事件)見直しが必要だ

我孫子の女児殺害事件について。 2008年に東金で起きた女児殺人事件の犯人がまた動き出したのではないか。 その事件では、知的障害者の男性が逮捕されて、今も服役しているが、証拠がまったくない。 当初証拠とされた指紋も「別人」という再鑑定結果が出てい…

◎報道管制が入った瞬間?

◎報道管制が入った瞬間? 3月10日午後5時半頃からの籠池氏の記者会見を観ていて驚いた。 もちろん、籠池氏の話す内容ではない。 氏の話は予想通り、学校開設を断念したことへの「恨み節」だ。 「こうなったのは、メディアの過熱報道のおかげ」等、冒頭か…

◎言わぬが花

◎言わぬが花 嘘や詐欺話がそれと分かるのは、妙に設定が細か過ぎたり、誇大な言い回しを使うところから。 最近、「こういうことを言わなければ、ばれたりしないのに」と思う例が多いです。 ●Aさん 「3年前の時と同じスポイトでお茶を吸った」 ●某宗教団体代…

◎アスカ氏の真意

◎アスカ氏の真意 ブログ文を読むと、「もし次に捕まったら、必ず有罪にされる。なら、警察をはめてやろう」と考えていたように取れる。 「任意なんだから採尿は自宅で」と固執したのはそのためだ。 アスカ氏は、もし採尿検査をされたら、「実際は反応がなく…

違和感

博打をしたバドミントン選手について「協会が処分する」という話ですが、真っ先に処分されるべきは自分ではないのか。 スポーツで国際大会にも出場する一流選手になると、子どもの頃から競技三昧。 勉強はしていないことが多いし、付き合うのが競技関係者ば…

普段はおとなしい男

「普段はおとなしい」男で、反日運動にも参加したことが無い。 その人物が、幼稚な爆弾を作り、靖国神社のトイレを爆破しようとする。 さらに、事件の捜査が進みつつある段階で再入国。 一体どういうこと? 簡単な話で、理由は「英雄になりたかった」ことだ…

詐欺事件の顛末

◎詐欺事件の顛末 家人の知り合いが実際に遭遇した事件になってます。 女性2人で道を歩いていると、チラシを配っている男がいる。 「このチラシを持って○○○(店の名前)に行くと、どれでも好きなものを1つ貰えるよ。先着※名だけだから早く行って」 「タダな…

いつから裁判官になったのか

毎日新聞配信記事より <引用ここから> 川崎市川崎区の多摩川河川敷で同区の中学1年、上村(うえむら)遼太さん(13)の刺殺体が見つかった事件で、5日発売の「週刊新潮」が、殺人容疑で逮捕されたリーダー格の少年(18)の実名と顔写真を掲載してい…

悪夢のような事態

時々、この世で最も「過酷な」境遇について考えます。 これまで想定していたのは、次のようなことです。 帰宅したら、家族が賊に殺されている。 そして、「お前が犯人だ」と言われて、逮捕される。 以上は現実に起きた事態でした。 しかし、もっと酷い状況が…

真実は奇妙なことがらの中にある

以下はすべて当て推量ですので、念のため。 トチナイ被告のことについて。 この女性は、アスカ氏と一緒に覚醒剤を使用したとして逮捕されたわけですが、昨日の一審では有罪判決でした。 判決理由で目を引いたのは、「薬物によって生じた変化を自覚していない…

可哀相な人しかいない

ニュース報道より。 「女子高生殺人事件の犯人の父親が死亡。自殺とみられる」 この事件の当事者に近い人たちには、被害者・加害者を含め「可哀相な人」しかいません。 犯人女子の父親には「罪」はなく、「落ち度」がどこまであったかは微妙。 子をきちんと…

M氏は目をつぶっていた

IPS細胞の移植スクープに関連し、当事者のM氏は、コメントする時に目をつぶって話していました。 話をする時に、相手の目を見ずに、ちらちらと右上を見るのは「ウソを言う時」の典型的なしぐさですが、やはり自分の思考の中で言葉を探していたのでしょう…

(通り魔事件に思う)再生するための道筋が必要

このところ体調が今一つで、毎日、寝たり起きたりの生活です。 小一時間も机に向かうと、もはや体がついていけません。 ニュースを見たり、DVDを眺めるのが日課になってます。 ところで、通り魔事件について。 犯罪者として、1度刑務所の塀の中に落ちて…

郵便局不正事件の疑問

このところ厚労省の元局長(事件当時課長)さんが無罪になったニュースが、毎日報道されています。 しかし、私の周囲では、まったく別のところに関心が集まっています。 事件当時、書類を偽造したと見られる担当者は、今回無罪を勝ち得た課長(当時)さんの…

メディアが決めることではない

タレントの覚せい剤所持(または使用)事件について。 起訴すべきかどうか、あるいは有罪かどうかは、メディアが決めることではないのでは。 ミリグラム単位の所持って、要するに「へばりついていた」という程度です。 これが所持なの? 誰かがそっと擦り付…

千葉と栃木の事件は似ている

千葉の女児殺害・遺棄事件の報道を見ていて、思い出したことがあります。 3年くらい前に、栃木の小1女児が殺害され、林の中に捨てられた事件がありましたが、今回これとかなり似ている点があります。 ○ 誘拐後、すぐに殺害していること ○ 比較的、目に付き…

親が無くとも子は育つ

福岡小1年殺害事件は、母親の逮捕という最悪の事態になってしまいました。 事件発生後、多くの人が母親に疑念を抱いたことと思います。 当家でも、妻や子どもたちが「お母さんがあやしい」と言っていたのですが、その都度、「そんなことはない。勝手な想像で…

大相撲での大麻事件 その2

法律に詳しいわけではありませんけれど、もし地位保全の申し立てにより裁判になったら、最終的には露鵬側の言い分が通りそうな気がします。 露鵬が申し立てているのは、検体が検査に回った後の話ではなく、その前の話。 協会が自主的に行った検査という事で…

既に社会悪

24日付報道より 被告は事件当日、排水検査を装ってアパートを回ったことについて「ロールプレーイングゲーム感覚だった」と説明。○○さん宅を2回訪れたのは「優しそうな○○さんと話したかったから」とし、乱暴するためでないと述べた。 大半の人が感じるのは、…