日刊早坂ノボル新聞

日々のよしなしごとを記しています。

#オカルト・ホラー

◎宿谷の滝にて

宿谷の滝にて ◎宿谷の滝にて 毛呂山町にある宿谷の滝は、数年前まで埼玉西部で有数の霊場だった。 「だった」と記すのは、今ではほとんど異変が起きなくなっているからだ。 初めて訪れたのは、七八年前のことだと思うが、山道を上って行くと「カヤカヤ」と人…

◎危機を報せる予兆

◎危機を報せる予兆 病は少しずつ罹って行くのではなく、本人の自覚的には「ある日突然」やって来る。 体を壊す時には、それこそ「階段を踏み外すかのように」転げ落ちる。これが実感だ。 だが、注意深く自らを観察していると、事前に何かしらの予兆が出てい…

◎南相馬の「子ども」

◎南相馬の「子ども」 震災後、三年目か四年目からコロナ前の期間(計六七年間)には、東北全域の線量測定をしていた。郷里(岩手)に向かう時には、高速をほとんど使わず一般道を国道県道交えて色んなルートで行き来した。 もちろん、帰宅困難地域も必ず通過…

◎彷徨い歩く女  (一年前の振り返り)

令和三年五月三十一日撮影 ◎彷徨い歩く女 (一年前の振り返り) 掲示画像は昨年の五月に撮影したものだ。 あの世とこの世の間に接点が生じる時には、光の進行角度に影響が出ることがあり、多く景色が歪む。 このため、理由なく景色が歪んでいる場合には、「…

◎夢の話 第1K30夜 女が見ている

◎夢の話 第1K30夜 女が見ている 十四日の午前二時に観た夢だ。前日は体調が悪く、ほぼ一日中、横になっていた。 途中で買い物に出てみたが、あまりよく歩けなかったのですぐに帰宅し、夕食の支度をした後、居間で眠った。夢も観ずに眠っていたが、最後の…

◎冝保さんの最期

◎冝保さんの最期 霊媒として名高い冝保愛子さんは胃がんで亡くなったが、亡くなる当月まで仕事をしていた。 「癌で死ぬ」のはそんなに悪いことではないと思うのは、ぎりぎりまで立って歩いていることだ。 歩けなくなるのは、一週間くらい前からで、家族らに…

◎カーナビでぐるぐる、その他

◎カーナビでぐるぐる、その他 先日、看護師と隣のベッドの患者が話をしているのを間近で聞いた。 看護師のチエコさんによると「カーナビで墓地に案内された」ことがあるらしい。 傍で聞いていて「俺と同じ経験をしている」と思ったが、よく聞くと、「音声ナ…

◎夢の話 第992夜 修験者

◎夢の話 第992夜 修験者 二十九日の午前三時に観た夢です。 我に返ると、集会所のような家の前に立っていた。 周囲には、高齢の男女が七八人いた。 ここで記憶が蘇る。 俺はこの地に引っ越して、まだひと月目だ。 早速、町内会の活動があり、この集会所を…

◎「怪談」 第十話 岬の家

◎「怪談」 第十話 岬の家 「怪談」は「夢の話」や様々な人の体験談を元に、「本当にあった、みたいな作り話」を再構成したものです。 第十話 岬の家 前田キャリーは外国籍の女性だ(二十五歳)。日本人と結婚し、日本国内に住んでいる。 日本で暮らすように…

◎怪談 第九話 池の畔に立つ女

◎怪談 第九話 池の畔に立つ女 怪談は「夢の話」や体験談を基に、実際にあった(みたいな)怖い話に再構成するものです。 これは二十年前に実際に体験したことだ。 私は古貨幣の鋳造技法について調べていたのだが、たまたま鋳銭地近くの旧家ゆかりの人と知り…

◎『怪談』 第5話 山小屋

◎『怪談』 第5話 山小屋 『怪談』は「夢の話」や様々な人の体験談を基に、「本当にあったみたいな作り話」として再構成するものです。これはかなり前に記した話の再録ですが、途中から設定を変えてあります。 『怪談』 第5話 山小屋 ひとの記憶は都合よく…

◎『怪談』第7話 座敷童の話

◎『怪談』第7話 座敷童の話 五歳くらいの時に、母の実家に泊まりに行った。正確には「数日ほど預けられた」と言った方がいいかもしれん。 夜は祖母の隣で寝たのだが、最初の日の夜中の十二時を回ってもまるで眠れず、目を瞑ってあれこれと考えごとをしていた…

◎『怪談』 第2話 写真   2017-8再録

『怪談』は「夢の話」や様々な人の体験談を元に、「本当にあった、みたいな作り話」として再構成するものです。 参考図 幽霊はあの手この手で近づく。これはその場の人に擬態するケース。(R021201) ◎『怪談』 第2話 写真 2017-8再録 これは今年になり、私…

◎『怪談』 第3話 磯女(いそめ)  2018再録

『怪談』は「夢の話」や様々な人の体験談を元に、「本当にあった、みたいな作り話」として再構成するものです。 『怪談』 第3話 磯女(いそめ) 再録 これは十年前に私自身が体験した、世にも怖ろしい出来事の話です。 私は生まれつき、「勘」の立つ性格で…

◎『怪談』 第1話 赤い服の女 (再録)

◎『怪談』 第1話 赤い服の女 (再録) 四年前の記事を再録します。割と現実的なのは、実際にこれに似た経験をしているから、ということ。 これは大学時代に、私と友人が実際に経験した話です。 秋口の夜中に、悪友の北川から急に電話が掛かって来ました。 …

◎一番怖いホラー映画

◎一番怖いホラー映画 病院のベッドに横になっている時には、専らDVDを観ています。 ベッド脇には自分専用の装置が置いてありますので、ソフトを持参すれば幾らでも観られるわけです。 いつも『クリミナルマインド』のようなサスペンスドラマかホラー映画を観…

◎『地球最後の男』

◎『地球最後の男』 病院のベッドは暇なので、いつも古い映画を観ています。 昨日は1964年製作の『地球最後の男』でした。 原作はリチャード・マシスンで、主演はヴィンセント・プライス。 ウイルスによって、人類の大半が吸血鬼みたいな化け物に変わって…