日刊早坂ノボル新聞

日々のよしなしごとを記しています。

#オカルト・ホラー

◎霊界通信 「さよならプーチン」

◎霊界通信 「さよならプーチン」 小鹿野の女の子に会いたくなり、フラフラと神社に参拝した。 出てくれるなら心強いが、「良き幽霊」は姿を見せぬのが普通だ。ま、繰り返し呼び掛けているうちに、いずれ現れてくれると思う。 名前が分かれば、呼び掛けやすい…

◎眼は「穴」の標識

◎眼は「穴」の標識 前回の八幡神社の画像について、「穴」に「眼」が出ているが、これは「標識」と記した。これまで幾度も記述して来たので特に説明しなかったが、知らぬ人も多い筈なので、少し解説を加える。 「穴」とは「この世とあの世の交流点のこと」で…

◎扉を叩く音 R060226

◎扉を叩く音 R060226 「深夜、玄関の扉をノックする音が聞こえる」話の続報。 既に、数年前から「ノック」の音がしなくなったが、これは既に「扉を突破して、家の中が出来り自由になっている」ことによる。「令和六年二月二十六日 午前一時半の記録」…

◎霊界通信 R060224 玄関の前に立つ女

◎霊界通信 R060224 玄関の前に立つ女 土曜日の朝、娘を駅まで送ると、今度は自分が通院する番で、急いで家を出た。 隣には新しい家が建っているが、三月の転居時期に合わせて売り出すようで、まだ売り家の看板が出ていない。 その家の前を通りかかると、玄関…

◎霊界通信 「赤外線で見る幽界」

◎霊界通信 「赤外線で見る幽界」 「幽霊はひとの可視域の境界線にまたがって存在している」ことが分かったわけだが、それなら不可視域を可視化して眺めれば、よりよく見えるのではないか。 その考え方で、赤外線反応カメラを使い、景色を撮影してみた。 結論…

◎霊界通信 「あの世への招待状」

◎霊界通信 「あの世への招待状」 もし「死ぬこと」が総ての終りではなく、その先があると分かったら、その瞬間から、暮らし方・生き方が変わる。心の持ちようも変わる。 その人によって違うが、死後には一定期間、自我だけの存在となり、感情の赴くままにあ…

◎霊界通信 「幽霊の視覚的効果」

◎霊界通信 「幽霊の視覚的効果」 題名で内容が分かるように、あの世関連の話は冒頭に「霊界通信」と付記することにした。 1)カメラで捉える霊煙 さて、前回の「防護服の男」の続きになる。 神殿前に自分以外に誰もいない状況で撮影したら、ガラス窓に「いな…

◎「気のせい」ではなかった

◎「気のせい」ではなかった 「今の自分に気のせいはない。ことあの世に関しては何かを見間違えるということもない」 そう気づいて、十日の八幡での画像を見直してみた。 まるで、手水場の柱に陽が差して、その照り返しで光っているように見えていた。 だが、…

◎ドキッとした理由

◎ドキッとした理由 前日の八幡さまの画像で少しドキッとしたのは、逆光でもないの光雲が出ていたり、日陰なのに光が差していたりしたことだ。 ちなみに、「光雲」は太陽光がレンズに反射したり、湿気を捉えたりして出来る煙のような光のことを言う。レンズに…

◎修羅の道

◎修羅の道 先ほど、娘を迎えに駅まで行った。 駐車場に戻ると、娘に鍵を渡し、先に行かせた。当方は足が悪く、ゆっくりとしか歩けぬためだ。 暗い夜道を歩いていると、右手の甲を誰かが触る感触があった。 こういうのは頻繁にある。 それと同時に、その触っ…

◎幽霊の存在を実証出来るか

◎幽霊の存在を実証出来るか 家人は「オトーサンは、ネットのゴースト研究の仲間に入ればいいんじゃないの?」と言う。 「いつでも心霊写真が撮れるんだから、きっとバズれるよ」 ダンナの答えは「ブあか言ってろ」だ。 私は好奇心や探求心で「あの世」につい…

◎まずは体力から

◎まずは体力から 月曜は早朝まで原稿を書いていたが、四時近くになり疲れが溜まって来たので、少し眠ることにした。 居間の寝袋に入ると、すぐに眠くなった。 だが、数分も経たぬうちに、玄関の扉のドアノブが「ガチャッ」と音を立てた。 「おお。久しぶりだ…

◎この半月で起こったことの顛末

◎この半月で起こったことの顛末 変化が始まったのは半月くらい前になる。 体調がイマイチで体が重いし、次第に悪夢を観るようになった。 これが徐々に酷くなり、それまでの人生と人格を否定するような内容に進んだ。 眠る度に酷く悪夢を観る。 自己嫌悪から…

◎病棟日誌 悲喜交々 2/3 「私も行きます」

◎病棟日誌 悲喜交々 2/3 「私も行きます」 朝、病棟に行き、枕元に写真を置いて置くと、機械の点検に来た師長が目ざとくそれを見付けた。 「何の写真ですか?」 「幽霊だよ」 師長には、余り他人には見せぬ強烈なヤツを見せたことがある。 「うわあ。見たく…

◎亡者たちに囲まれる

◎亡者たちに囲まれる 当家の神棚には、中央に天照大御神、左に八幡さま、右に高麗さまを配置してある。役割序列が決まっているので信仰に矛盾はない。 その日によって、現在地から近い神社に参拝することにしている。 既に四年前には「亡者の群れ(百鬼夜行…

◎何か務めがあるらしい

◎何か務めがあるらしい 小鹿野の少女について、もう一度点検すると、周囲にうようよ出て来た。 分かりよいものだけ抽出すると、私の右側にも「ちゃんちゃんこを着た女児」がいるようだ。背中を向け、こちらを振り向いている姿勢になる。 自分自身に眼を転じ…

◎空になんか飛んでた

◎空になんか飛んでた 小鹿野の旅館で、「少女」の存在を感じ取ってから、あれほど毎日悩まされていた悪夢から解放された。 それまでは常に「眠ると悪夢が始まる」状態だった。 そもそも今回は、家族は氷柱見物、私はこの旅館を訪れるのが目的だった。 この旅…

◎見下ろす女

◎見下ろす女 高麗神社に参拝すべく家を出たが、途中でショッピングセンター(SC)の前を通った。 ここに千円カットがあることを思い出し、先に髪を切って貰うことにした。 最近はオヤジジイの定番である「スポーツ刈り」にすることが多いので、床屋は何処で…

◎2018年に経験した心霊現象 (1-6月編)

◎2018年に経験した心霊現象 (1-6月編) 今、私は既に晩年に入っている。余生は残り僅か。 あの世が近くなったことを実感する毎日を送っているが、こんな「今」に繋がる起点は2018(平成31/令和元)だと思う。 そこで、改めてこの年から起きて…

◎ようやく血が通って来る

◎ようやく血が通って来る 眼の治療で所沢に行った時には、帰路、「片方五キロの鉄下駄を履いたよう」な気がした。足が重くて歩けない。 それと前後するかもしれぬが、廃病院の前を通った時に、こちらをじっと見る視線を感じた。すぐに撮影したが、その時の画…

◎もし総てのことが繋がっていたなら

◎もし総てのことが繋がっていたなら この数年、身の回りに悪意の所在を感じ、また現実に体調不良により死線の近くまで行く。心臓や肺の機能が著しく落ちたり、眼が突然見えなくなったり、両足が腐ったりだ。 経済状態もどんどん悪化しているし、他者との関り…

◎勝手に画像が開く

どうやらイリス(女の悪霊)軍団らしい ◎勝手に画像が開く 先ほど、PCのファイルを検索していたら、勝手に画像ファイルが開いた。 こういうのは時々ある。 ま、回線が繋がっていない電話が「チリリ」と鳴ったりする家だから、今さら何が起きても驚かない。 …

◎やはり繋がっていた

◎やはり繋がっていた 「猫わらし」の関連画像で「小さい老人」の件があるが、改めて画像を見直すと他の個所に人影が出ていた。 ごく薄く、分かりにくいので、これまで見落としていた。 この時、神殿で、私の前にいたのは女性二人だけだった。背後にも人はい…

◎この妖怪は福神か?

◎この妖怪は福神か? SNSでは過去記事が自動再生されることがあるが、昨日、冒頭の画像が自動再生された。 令和元年の十一月に撮影したもので、画面の隅に「説明に困る者」が映っている。 拡大して見ると、どう見ても人間ではない。 半透明で、猫のような耳…

◎二年前と同じ症状

◎二年前と同じ症状 最近、食欲がまるでなく、帰宅してからは甘酒に少し酒を入れたものを二杯飲むだけで、食事をしなくなった。甘酒を飲むと空腹感がなくなるせいもあるが、夕食を摂ること自体を忘れることが多い。 ところが、病院では普通に食べられる。量が…

◎この時期は目視出来る

◎この時期は目視出来る 十二月から二月頃までが、最も「あの世」観察に適した季節だ。旧暦の神無月に入る頃から、写真に写りやすくなるし、一月頃には目視の頻度が高まる。 「あの世」現象はひとの可視域の境界線付近で起きているから、恐らく気温や湿度、日…

◎女の「声」が響く

◎女の「声」が響く いつも朝の五時台には起き出して、六時過ぎに娘を送って行く。 その後で自分も病院に行くので、浴室を温めて置く。心臓に持病のある者は寒暖差が最もヤバいからだ。 娘より先に家を出るべく、浴室の前の廊下を歩くと、唐突に浴室の中から…

◎インキュバス

令和元年十月二日 ガラスに映る自分自身を撮影したもの。私一人だったが、周りには複数の人影が寄り憑いていた。 ◎インキュバス 知人のそのまた知人に、「既に良いお年を召された」女性がいるが、年齢の割にもの凄く多情だ。 結婚離婚を繰り返しているし、さ…

◎今日のセルフチェック R05/12/23

◎今日のセルフチェック R05/12/23 廃病院の事務棟を見上げた時に「視線」を感じたのだが、その日の夜から両脚の指先が腐り、三週間ほど苦しんだ。画像をチェックすると、廃病院にいたのは女の患者だった。 以後、セージを焚いたり、お祓いを続けたりして、よ…

◎三途の川便り R051217 「正体を掴む」

◎三途の川便り R051217 「正体を掴む」 眼の治療で駅に行ってから、明確に「障り」の到来を感じる。とりわけ、某病院跡で「女」の姿を見てからは、その日のうちに脚が腐り始めた。以来、四週に渡り治療に苦慮して来た。 「女」が寄り憑いているのが実感とし…