日刊早坂ノボル新聞

日々のよしなしごとを記しています。

アンティーク

◎古貨幣迷宮事件簿 「年末盆回しの品評その5 と 抽選会の仕様」

◎古貨幣迷宮事件簿 「年末盆回しの品評その5 と 抽選会の仕様」 さて、年末盆回しに関する仕様が定まったので、ウェブの方に開示した。 とりわけ抽選会の対象は「12月13日までにポイント付き品物を購入された方」となっている。概要は次の通り。 1)出…

◎古貨幣迷宮事件簿 「年末盆回しの品評 その4 栗林大型隆平通寶」

◎古貨幣迷宮事件簿 「年末盆回しの品評 その4」 なかなか手が回らず、一週間前に整理した品について、ようやく書ける状況になっている。 X006 栗林大型隆平通寶 品物自体は前にも紹介したことがあり、誰もピンと来ないからこれまで引き取り手が無かった。 …

◎古貨幣迷宮事件簿 「年末盆回しの品評 その3」

◎古貨幣迷宮事件簿 「年末盆回しの品評 その3」 まずはOさんの思い出から。 NコインズO氏は南部古泉研究会の立ち上げに寄与された方で、コイン商であると同時に古貨幣や骨董の収集家でもあった。私を古銭会に誘ってくれたのもO氏で、この世界では先輩であり…

◎古貨幣迷宮事件簿 「年末盆回しの品評 その2」

◎古貨幣迷宮事件簿 「年末盆回しの品評 その2」 手を止めて眺め、つい新たに調べてしまうきらいがあり、なかなか進まない。 ま、別に業者でもないし、古銭会の盆回しを念頭に置くので、品物の交換が主ではなく、勉強主体になる。ただ品が欲しければコイン商…

◎古貨幣迷宮事件簿 「年末盆回しの品評 その1」

◎古貨幣迷宮事件簿 「年末盆回しの品評 その1」 これから十二月にかけて、再び在庫処分を行う予定だ。先輩より、「穴銭は必ず戻るので過度の値引きをしないように」という意見をいただいたので、今回、値引きなどはない。不要になったからと言って下げてい…

◎古貨幣迷宮事件簿 「絵銭にまつわるあれこれ」付記

◎古貨幣迷宮事件簿 「絵銭にまつわるあれこれ」付記 一部の「味のある絵銭」を採録する。 同型の品をほとんど見かけぬから、製造枚数自体が少なかったということだろう。 通常、土産物としての注文であれば、せいぜい千枚の桁までで、数百枚のこともあっただ…

◎古貨幣迷宮事件簿 「北奥地方での七福神銭の展開」

◎古貨幣迷宮事件簿 「北奥地方での七福神銭の展開」 古貨幣について概ね興味を失いつつあったが、五月頃をピークとした「今生の危機的局面」をどうやら脱したようなので、少し眺める余裕が出来た。 もちろん、次の一月二月には再び危機が来るであろうことは…

◎古貨幣迷宮事件簿 「絵銭にまつわるあれこれ」

◎古貨幣迷宮事件簿 「絵銭にまつわるあれこれ」 ◇川村さんの思い出と江刺絵銭 部屋の片づけをしていると、K村さんの遺品が出て来た。故人の話を記す時には、多く伏字(イニシャル)にするのだが、噂話の域ではなく、きちんと思い出を残すつもりなので、実名…

◎古貨幣迷宮事件簿 「小さい銭の素性を探る」

小さい銭の素性を探る ◎古貨幣迷宮事件簿 「小さい銭の素性を探る」 もはや古貨幣を手に取って見ることも少なくなったのだが、たまたまウブ銭が残っていたので、五十枚ほど検分した。 盛岡藩の貨幣にのみ関心が特化していたので、一文銭については、そのまま…

◎五銭銀貨の話

竜五銭銀貨 ◎五銭銀貨の話 明治の五銭銀貨は、旭日竜五銭が明治三四年、大字五銭が明治四年銘、竜五銭が明治六から十年および十三年銘と短期間限定の製造だった。 物価の上昇等で、銀遣いが合わなくなったわけではなさそうで、竜十銭は同じ規格のまま、明治…

◎古貨幣迷宮事件簿 「一厘の話」

◎古貨幣迷宮事件簿 「一厘の話」 明治の一厘貨は実は存在数自体が割と少なく、銅貨の雑銭が出た時に、例えば竜一銭が五千枚出たとすると、一厘は数十枚も混じっていない。 明治のひと桁に幾らか発行されているが、後は十年台で、概ね十五年から十七年銘のも…

◎古貨幣迷宮事件簿 「遠野南部の公札」

◎古貨幣迷宮事件簿 「遠野南部の公札」 左側の札は四五か月前から消息不明だったが、書籍の間に挟まっていた。 この品には記憶があり、十五年以上前に、古文書の類でオークションに出品されていたのを「佐比内」の標記に惹かれて入手したものだ。 佐比内には…

◎古貨幣迷宮事件簿 色んな古貨幣の話

金融機関のロール割り青銅貨 ◎古貨幣迷宮事件簿 色んな古貨幣の話 その1)ロール割り青銅貨の色変 冒頭の画像は、時々、これまで話題にして来た「金融機関の金庫の奥にあった和紙ロール」の青銅貨だ。製造者ロールではないが、金融機関ロールで、あまり使わ…

◎古貨幣迷宮事件簿 「称浄法寺鋳当百銭 中字鋳浚改造銭」

◎古貨幣迷宮事件簿 「称浄法寺鋳当百銭 中字鋳浚改造銭」 コロナ以後、ウェブ(HP)の維持もままならぬ状況になって来た。 今は閉鎖も視野に入っている状況なので、私財供与を財源に、維持費用を捻出しようと思う。そこでHP版「古貨幣迷宮事件簿」にて、「雑…

◎古貨幣迷宮事件簿 「旭日龍二十錢銀貨の文字型研究」追加訂正

◎古貨幣迷宮事件簿 「旭日龍二十錢銀貨の文字型研究」追加訂正 ケースを開く度に品物が出るので、各々追加した。 ま、継続して調べるつもりもないので、明日にも売却手続きをするつもりだ。 雑銭の会の流れでは、近代貨コレクターは少ないので、最初からネッ…

◎古貨幣迷宮事件簿 「旭日龍二十錢 明治四年銘の文字型」研究ノート

◎古貨幣迷宮事件簿 「旭日龍二十錢 明治四年銘の文字型」研究ノート 引き続き、明治日本の初期プレス貨幣の文字型を観察する。 ポイントは、1)彫り極印段階の相違、2)縮小彫り段階での変化や修正による相違、3)極印使用による摩耗・劣化の影響、などにつ…

◎古貨幣迷宮事件簿 「旭日龍二十錢 明治三年銘の文字型の変化」研究ノート(追補)

◎古貨幣迷宮事件簿 「旭日龍二十錢 明治三年銘の文字型の変化」研究ノート(追補) さて、前回の報告に漏れがあったのでサンプルを追加する。 なお現時点では結論ではなく、最初に行う「記述」の段階であり、この場合の方針は「見えた通りに記す」ということ…

◎古貨幣迷宮事件簿 「旭日龍五十銭銀貨 明治四年の文字型」(続)

◎古貨幣迷宮事件簿 「旭日龍五十銭銀貨 明治四年の文字型」(続) さて、前回、作業のたたき台を作ったので、その指針に基づいて、明治四年の文字型に関する考察を続ける。 ちなみに、今回、サンプル番号の1と2をたまたま同時に観察したので、「相違がある…

◎古貨幣迷宮事件簿 「旭日龍五十銭銀貨 明治四年の文字型」

◎古貨幣迷宮事件簿 「旭日龍五十銭銀貨 明治四年の文字型」 もはや「あの世」まで秒読みの態勢で、葬儀屋の手配まで始めているのだから、今さらコインなんぞやってはいられない。 どうせ早晩、総ての品をきれいに処分するし、概ねそれも終わっている。 新し…

◎古貨幣迷宮事件簿 「雑銭の中から」その2

◎古貨幣迷宮事件簿 「雑銭の中から」その2 順次、雑銭を送り出しているのだが、その都度、新しい包みが出て来る。 昨日も家人が居間の掃除をしていて、長椅子の後ろからバスケットやら段ボールの小箱を見つけ出した。どうやら雑銭の会の買い入れの残りのよ…

◎古貨幣迷宮事件簿 「雑銭の中から」

◎古貨幣迷宮事件簿 「雑銭の中から」 火曜は通院日で、眼科の検診があったから、それ以降は細かい文字が見えなくなった。仕方なく、別にやれることを探したが、雑銭くらいしか手元にない。 前に所沢Nコインズの倉庫から出た雑銭を売却に供したが、Aは手元に…

◎古貨幣迷宮事件簿 「見寛の原母」

四年銭小様から見寛に至る流れ ◎古貨幣迷宮事件簿 「見寛の原母」 資料整理を進めていると、みちのく大会(18回)の記念銭譜が出て来た。 南部古泉研究会(昆会長)の主催の時のもので、銭譜の作成には私も関与した。 末尾に「北岩手(八戸方面)に於ける…

◎古貨幣迷宮事件簿 「雑銭の枚数数え」

◎古貨幣迷宮事件簿 「雑銭の枚数数え」 どうやら死なずに済み、遺産分与とはならなかったようなので、かつての知己を中心にサービスしてあげようと掲示したが、今回の雑銭については食いつきがなかった。 最初のひとつに食いつかぬなら、次のにも無いので、…

◎古貨幣迷宮事件簿 「追補:背盛鉄銭のあれこれ」

追補 「背盛鉄銭のあれこれ」 ◎古貨幣迷宮事件簿 「追補:背盛鉄銭のあれこれ」 自分にとって重要で大切にして来た品物を手放すと、その瞬間に自身の心から「ぽろり」と何かが転げ落ちた感覚がある。 そして、その後は、思い入れのみならず、関心さえも薄れ…

◎カマド神

竈神 ◎カマド神 「竈神」はひと言で言えば「主に仙台領でしようされた防火の神」なのだが、必ずしも仙台領だけではないようで、南部領でも時々、農家の解体などで出て来る。 私の郷里でも(南部領)、畑の土の中からこれが出て来たことがあった。かつて使わ…